★オリーブホームページはこちらからどうぞ!

長崎弁講座2016/11/06

 オリーブで開催した関西弁講座がたいへん好評でした。
そこで今回のブログでは趣向を変えて私の故郷である九州の長崎弁講座をやってみたいと思います。

 九州とひとくくりに言っても、関西弁と同じように地域によって方言も少しずつ違ってきます。私の出身地は長崎ですが、ここは九州の西部地方(長崎、佐賀、熊本)の方言に属します。

では、さっそく長崎弁の例文を見てみましょう。

A:そん顔、どがんしたと?
B:かみさんのくらしたと。えすかった~。
A:なしてくらされたと?
B:宝くじば100枚もこうたばってん、いっちょん当たらんかったけん。
 そいば言うたら、「なしてそがん無駄使いすっとね!」ってはらかいてくさ。そいでくらされたとばい。
A:そがんことすっけんたい。宝くじ、ごっといはずれとったい。

これを標準語に直すと

A:その顔、どうしたの?
B:妻が殴ったんだ。怖かった~。
A:なぜ殴られたの?
B:宝くじを100枚も買ったんだけど、ひとつもあたらなかったからさ。
 それを言ったら、「なぜそんな無駄使いするの!」って腹を立てて。それで殴られたんだ。
A:そんなことするからだよ。宝くじ、いつもはずれているじゃないか。

 いかがですか?
主な文法上の特徴は次のようになります。これらは会話に頻繁にでてきますので覚えておきましょう。

1.主格を表す助詞に「の」を多く使う  かみさんが→かみさんの
2.終助詞に「ばい」「たい」を使う 
3.対象を示す助詞に「ば」を使う  宝くじを→宝くじば
4.理由を表す助詞に「けん」を使う 当たらなかったから→当たらんかったけん
5.逆説の接続詞に「ばってん」を使う

 はい、助詞に大きな違いがあることがおわかりになると思います。特に「の」は主題を表す「が」の代わりに頻繁に使います。
 「犬のえさを食べた」は「私は空腹のあまり犬のえさを横取りして食べた」という意味ではなく「犬がえさを食べた」のことです。
で、修飾を表す場合は「の」よりも「ん」を使います。誰の本ですか?→誰ん本ね?

その他の特徴として
6.形容詞、形容動詞の語尾は「か」になる。 
 高い→高か、きれいな→きれいか
 さらに語尾がカ行の場合、促音化してしまう。 
 高か→たっか、低か→ひっか
7.動詞の「る」が促音化する  
 する→すっ なにをするのですか?→なんばすっとですか?
 来る→来っ いつ来る?→いつくっと?

 いかがでしたか? 文法的な傾向はつかめたと思います。
でも純粋な方言や言い回しは覚えるしかありません。「殴る」を「くらす」、「怖い」を「えすか」、「いつも」を「ごっとい」と言われても、何?って感じですよね。

 また機会がありましたら第二回目をやりたいと思います。
ばってんT村でした。

若冲2016/11/23

 今年はえらいブームらしいです。
伊藤若冲(じゃくちゅう)とは江戸中期に京都に生まれた画家です。生誕300年の今年、大々的に東京や生誕地の京都で展示会が開かれています。

 私も朝一で美術館に行ってきました。
 江戸時代の絵と言うと版画や浮世絵をもっぱら連想しますが、若冲は水墨画や絵具を使った写実的な絵が特徴です。
動植物の絵が多く、彩色画はほんとうに精細に緻密に描写されているのです。
 それも果物だとライチやランブータンなど外国産のものや、動物はゾウ、クジラなど当時、実際見ていないかもしれないものまで描いています。

 私が興味を持ったきっかけは、NHKの特集番組の中で紹介された技法に好奇心をそそられたからです。
 升目描きと言われる画面を小さな複数の升目に分けて塗り分けたり(モザイク画みたいなものですね)、透ける絹地の特徴を生かして違う色を裏表に塗って目的の色を出してみたりなど。

 また絵具についても、当時ドイツで18世紀始めに作られた初の人工青色顔料を初めて使っています。その顔料はオランダ船で長崎の出島に届けられ、なんらかの手段で入手したのだろうと言われています。

 こだわりの絵師だったのですね。「千年後に自分の絵を理解してくれる人が現れるのを待つ」という意味のことを言ったそうなので、当時はあまりヒットしなかったのでしょう。
 でも1,000年は待たずとも300年後にブレークというところでしょうか。

 代表作である動植綵絵(どうしょくさいえ)という植物、鳥、魚貝、昆虫を描いた30枚(掛け物、軸物なので正しい助数詞で30幅と言うらしい)の色彩豊かな絵があるのですが、これは東京だけでの展示で残念ながら京都ではお目にかかれません。
 どうりで東京では入場5時間待ちだったのもわかります。

 難しいウンチクや専門知識がなくとも普通に楽しめる絵なので若い人にも人気らしいです。
 先日も民放で特集をやっていましたが、若者にも受けるもう一つの理由はその名前「じゃくちゅう」。拗音を含むと発音しやすく印象にも残るためと言語学者が解説していました。
 でも事例の引き合いにあの「ピカチュウ」を出すのはどうかと思いましたが・・・
ばってんT村でした。
★コメント・トラックバックは内容確認後公開しております
★オリーブホームページはこちらからどうぞ!