★オリーブホームページはこちらからどうぞ!

ドクターコール2017/05/21

 前回の続きで個人の体験談になりますがお付き合いください。
前回はフライト自体でのトラブルでしたが、今回は健康面に関わることで発生したお話です。

 これは以前ブログで書いたと思いますが、虫歯治療で詰めた被せが海外出張中にスッポリ外れたことがあります。その時点からまだ1週間以上滞在しなければならず、飲み物は沁みるし、さすがに放置できず現地の歯医者に行きました。
 
 幸いイギリスだったので何とか下手な英語で「日本で治療するから仮の詰め物をしてください」と言って応急処置をしてもらいました。
 歯を見て「Oh, big hole」とか言いながらチャッチャと短時間でやってくれました。
 でも治療代は高かった…クレジットカードで払いましたが、日本円換算で1万円近くしました。

 海外旅行保険では、基本的に虫歯治療は対象外なので気をつけないといけません。旅行される方は虫歯治療は終わらせておいたほうがよろしいようです。

 これは後輩といっしょに中国に出張に行っていたときのことです。彼にはある持病があったのですが、上海から帰国する飛行機の中でタイミング悪く発作を起こしてしまったのです。
 表情にも表れ、その異変に気付いたCAが飛んできて隣に座っていた私に「機内放送でお医者さまがいないかお聞きしましょうか?」と言ってきたのです。

 こんなシーン、テレビドラマか映画の中だけの話だと思っていたので実際に自分がそのような場面に出会うなどとは考えてもいませんでした。

 幸い私は彼の持病のことは知っていて、しばらくすれば発作は収まることはわかっていたので「しばらくすれば収まりますので大丈夫です。」と言ってドクターコールはお断りしたことがあります。日系の航空会社だったので日本人CAで意思疎通に問題がなかったのも幸いでした。

 ただ、関空到着後、2人とも別室に呼ばれて病状の細かいことを聞かれました。何も知らない航空会社にしてみれば伝染性のものだったら大問題になりますから根掘り葉掘り聞くのは当然です。
 最後に住所、電話番号を聞かれサインもさせられた記憶があります。

 もうひとつ、似たような事例なのですが、これは出張中の台湾での体験です。この時は4名ほどのグループで出張していたのですが、ある夜そのうち1人が下腹部に激痛を覚え、通訳してもらうため現地スタッフも同行で救急病院に連れていったことがあります。

 診察室から出てきた現地スタッフにどうだったのか聞くと「『放っておくとたいへんです。手術をしたほうがよいですが、どうするか今決断してください』と医者は言っています」と言うではありませんか。

 いきなり海外で腹を切るなんてできるわけがありません。相談して最終的には痛み止めの処置だけしてもらい翌日日本へ連れて帰ることにしたのです。
 翌朝、気が利く営業マンが航空会社に事情を説明して救急車を関空に待機しておけないか言ったところ、「それ以前に最初からそのような方は搭乗できません」と断られたのです。

 これも言われれば道理でして、航空会社にしてもいつどうなるかわからない病人を乗せるわけにはいかないのです。
 幸い名前などは明かしていなかったので、平静を装い私が連れて帰りましたが、機中では病状が悪化しないか、痛み止めの効果が切れないか、気が気ではなかったですね。

 関空に迎えに来たご両親に引き渡しましたが、後から病名を聞くと急性の腸炎で手術など全く必要なかったとのことでした。
海外だとお腹をこわすことはよくあります。

 慣れない海外では、歯とお腹には最低限気を付けましょうということですね。
ばってんT村でした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://olive-shiga.asablo.jp/blog/2017/05/21/8570352/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

★コメント・トラックバックは内容確認後公開しております
★オリーブホームページはこちらからどうぞ!