★オリーブホームページはこちらからどうぞ!

Saudade2017/11/05

 世界の言語の中には翻訳しにくい単語というものがあります。日本語では「わび、さび」などが相当するでしょうか?
 イギリスのToday Translationという翻訳会社のホームページにそのベスト10が載っていました。
 
 1位はツィルバ(Tshiluba)語というアフリカ、コンゴで使われている少数言語でイルンガ(ilunga)という単語です。
 1度目は許す、2度目は我慢する、でも3度目の過ちは絶対許さない人という意味とのことです。
 日本語に訳せば「仏の顔も三度まで」ということになります。

 2位はshlimazl という単語。イディッシュ語(Yiddish)というドイツ語が元になっているヘブライ語です。3位はradioustukaczというポーランド語。
いずれもあまり我々にはなじみのない言語です。

 そのなかで7位になんか聞き覚えのある単語だなと感じたものがありました。saudade(サウダーデあるいはサウダージ)というポルトガル語です。
 実際、歌や映画のタイトルに使われたりしています。

 語感だけの聞き覚えで意味を知らなかったので調べてみると、日本語だと郷愁、切なさというような意味で英語だと「nostalgia」に相当しますが、実際は一言では表現できない感情らしいです。

 ネットから引用すると、「今はないものに対し、甘苦くて懐かしく感じているけれど憂鬱な気持ち」とのこと。
 昔の恋愛や友情、子供時代の思い出などがあげられるでしょうか。Saudade、なんかいい単語だな~と思いました。

 話変わって、なんと日本語が4位にはいっているのです。
それはnaa「なあ」です。解説には「強調する時や他者との同意の時に関西地方だけで使われている単語」と書かれていました。
 これも確かに翻訳はできないかもしれません。使う場面によって意味が違ってきますからね。

 やはり、単語は単独で憶えるのではなく、それを実際に使ってみることが大事なのでしょう。
 ばってんT村でした。

微波加熱2017/11/19

 2年ぶりに出張で中国に行きました。
中国の航空会社便で往復しましたが、関空から上海行きの乗客はほとんど中国人観光客でした。荷物棚はお土産でぎっしり、早々にカバンを上に収納するのはあきらめました。

 中国語はほとんど話せませんが、中国に行くとどんな漢字が単語や表現に使われているか見つけたりするのはけっこうおもしろいのです。

 中国大陸では簡体字が使われていますが、元の漢字を推測するのも楽しいものです。
 例えば、业。最初何の略かまったくわからなかったのですが、工业と単語になっているのを見て、業の簡体字だとわかりました。
 これは略しすぎだろう、と一人ツッコミを入れました。

 当然、外来語もすべて中国語になっているのですが、発音を似せる場合と意味を合わせる場合の2通りがあります。

 前者で典型的な例は可口可楽(コカコーラ)でしょうか。実際は、楽は「乐」と簡体字になります。これも単独では楽の簡体字とはわからないです。

 意味を合わせた例では、中心(センター)、便利店(コンビニエンスストア)、街中でよく見かけます。
 ホテル内でみるのは「电梯」、これはエレベーターの中国語です。「电」は電の簡体字ですね。自助餐はセルフサービスのバイキング。

 では電子レンジでチンは? 帰り、上海の空港での待ち時間中にスターバックスでコーヒーを飲んだのですが、その紙カップの注意書きの中に見つけました。「微波加熱」です。
 電子レンジは英語でmicrowaveと言いますが、そのまま漢字を当てているのですね。

 これらの単語や簡体字を見るにつけ、中国語を勉強すればもっとわかることが増えるんだろうなと思いました。
ばってんT村でした。
★コメント・トラックバックは内容確認後公開しております
★オリーブホームページはこちらからどうぞ!