★オリーブホームページはこちらからどうぞ!

茶の間2018/01/01

明けましておめでとうございます。お正月、いかがお過ごしでしょうか?
 
 自宅で家族そろって団らんというご家庭もあるかと思います。冬なら茶の間でこたつに入ってみかん食べながらテレビを見る、というのが定番の過ごし方だと思いますが、この「茶の間」という言葉、今や絶滅危惧単語ではないでしょうか?

 テレビで「お茶の間の皆様」とアナウンサーが言っていたのは遠い昔のような気がします。
 最近の住宅は、フローリングの床(カーペットも敷いて)にソファーやテーブルを置いた「リビング」になってしまっていますので、それを茶の間と言われても言葉と実体が合っていない感じです。

 このようにすでに実体と合わなくなった単語、探してみると他にもいくつかあります。

・下駄箱、筆箱
 下駄箱に入れるのは下駄でなく靴で、筆箱に入れるのは筆ではなくペンです。この2つは相変わらずそのまま使っている気がしますが、どうでしょう?

・歯磨き粉
 昔は確かに粉がありました。今、何と言っていますかね? 単に歯磨き、あるいはペーストって英語で言っているようです。

・網棚
 電車の網棚、昔は本当に網だったようですが、今は金網やパイプ、あるいはプレート状になっています。JRでは荷物棚と言うようになっていますが、今でも網棚と言っている私鉄もあるようです。

・つり革
 電車やバスにあるものですが、今は革ではなくビニールやナイロン、プラスチックでできています。
 でもこれもそのまま使っています。「つり手」と呼ぶ場合があるようですが、これだと何だか格闘技の決め技のような響きがありピンときません、やはり「つり革」がしっくりくるような気がします。

・絵はがき
 これは微妙。観光地に売っているはがきは絵はがきではなく「写真」はがきです。でも実際に絵を描いたり、イラストを載せたりするので「絵」はがきは健在ですかね。

 言葉は時代と共に変化するものですが、実体と違ってきても生き残る単語もあるようです。
 
 皆さんも他にこのような言葉がないか探されてはどうでしょうか。
ばってんT村でした。

電子書籍のその後2018/01/13

 「電子書籍 米で販売減」という記事が先週の新聞に載っていました。

 アメリカで電子書籍用端末が登場したのが2006年、その後右肩上がりで販売が拡大してきたが、2014年をピークに減り続けている。それと反比例してペーパーバック(日本でいうと文庫本)の売り上げが持ち直してきている。

 理由として、2015年に出版社が値上げしたことと、タブレット端末などを長時間使うことによる「デジタル疲れ」があるのではないか。
 一方、日本では事情が異なり、今でも紙の書籍や雑誌は減り続け電子書籍は拡大している。

と…以上のような概要でした。

 私事ですが、2か月ほど前から「楽天マガジン」という電子版の雑誌を購読しています。
月360円で200誌以上が読み放題というものです。1年分を先払いすれば月300円。

 最初知った時は、どうせサンプルページかダイジェストをチョコっと載せて、あと読みたければ購入してね、というよくあるパターンじゃないの?と思ったのですが、申し込んでみて驚愕。
 
 すべて紙の雑誌と同じものを読めるのです(一部読めないページや表示されない写真はあり)

 週刊誌、女性ファッション誌、スポーツ・趣味、暮らし・健康、グルメなど多岐にわたります。複数台の端末OKなので家ではパソコン、外ではタブレットで読むということもできます。スマホでは画面が小さくてさすがにちょっと見にくいです。

 1年分のバックナンバーも読めて、ダウンロードもできてと至れり尽くせり。愛読している雑誌がこの中に1冊でもあれば十分すぎるほど元が取れてしまいますね。

 けっして宣伝するわけではないですが、読書好きにはこのコストパフォーマンスの良さは魅力です。
 タレントの渡辺直美がCMをやっているdマガジンというのも同類の電子版雑誌です。

 ここまでやられると紙の雑誌が売れなくなるはずですよね。
でも小説などはやはり紙のページをめくりながら、というのがいいです。電子と紙を使い分けているのが私の現状です。
ばってんT村でした。

日本語は天才である2018/01/28

 前回に続いて本の話になりますが、おつきあいのほどを。
 今年、マンガ以外で初めて紙で読んだ本です。新聞か雑誌に載っていたので、おもしろそうなタイトルでもあり買って読んでみました。

 一部を紹介します。

 著者は英文小説の翻訳家ですが、翻訳者の目から見て「日本語は天才だ」と言っているのです。

 そう確信したというエピソードが2つほど書かれていましたが、次のような概要です。翻訳作業の文中に出てきた事例とのこと。

 早朝、太陽が昇ってきたら、まだまんまるのお月さんがいました。それを見て太陽が、こう声をかけました。
「You are a Full Moon」

ところがこれを聞いたお月さんはなぜか怒り出しました。
「You are fool, Moon」と聞き違えたからです。

 この文章をそれぞれそのまま訳せば「やあ、満月さん」と「やあ、バカなお月さん」となります。
 でもこれでは、原文のfullとfoolの聞き違えの部分はまったく伝わらないことになります。

 著者は考えぬいて、日本語でも聞き違いでこの両者の意味に解釈できるよう翻訳したのです。

 もう一つの事例。
O note the two round holes in onion.
普通に訳せば「おお、タマネギの2つのまるい穴に注目せよ」となります。

 でもonionという単語にまるい穴(アルファベットのo)が2つあるという、おかしさが訳されない。
 これがフランス語への翻訳ならタマネギはoignonなので訳せるが、イタリア語、スペイン語のタマネギにはoが1つで無理、ドイツ語、ロシア語にいたってはoが付かないのでまったく無理。

 著者は、これをなんとか日本語に訳そうと2日、3日考え続け、ふっとひらめいた。…

 この2つの事例から著者は「日本語は天才である」と確信したそうです。
 著者は日本文学、古文、漢文にも明るく著書にも引き合いや事例でたくさん出てきます。

・平和なことば・日本語
・「お」の変幻自在
・シチ派 VS. ナナ派 真昼の決闘
・四十八文字の奇跡
と題された各章もたいへん興味深く、おもしろい内容でした。

 特に四十八文字を一回だけ使ったいろは歌を複数作られていて、それらが紹介されているのですが、こんなに簡単に作れるのか(実際は苦心されたのかもしれませんが)、と感心しました。

 ちなみに、表紙に猫が描かれているのは、著者が半猫人(半病人?)と自称するほどの愛猫家であるからだと思います。この辺のことも書かれています。

 前述の2つの事例をどう日本語に訳されたか、はこの本を読んでくださいね。

 私は読み終わりましたので、興味のある方にはお貸しします。ローカル情報になりますが、草津図書館にも置いてありますよ。

ばってんT村でした。
★コメント・トラックバックは内容確認後公開しております
★オリーブホームページはこちらからどうぞ!