★オリーブホームページはこちらからどうぞ!

VoiceTra2018/03/25

ご存知のようにパソコン、スマホでは世界的にgoogle翻訳が普及し使われていますが、国産の便利な翻訳アプリもあるのです。

 

日本のNICT(情報通信研究機構)という研究所が作った翻訳アプリがiphoneでもアンドロイドスマホでも無料でダウンロードできます。

 


Googleのように手書きやカメラ画像からの翻訳まではできませんが、研究者は「翻訳精度はgoogleと互角、部分的には勝っている」と自負されています。

現在、31か国語対応で、音声認識で翻訳できるのはそのうち23言語です。

 

逆にGoogleにはない機能がひとつありまして、それは逆翻訳です。例えば日→英と翻訳した後、その英文を再度日本語に翻訳してくれます。

言った言葉が正しく伝わっているかが確認できるということなのです。これは便利だと思います。

 

受け持ちの生徒さん(中国語、ベトナム語)で試してみましたが、簡単な短文ですが正しく翻訳していました。


日本語音声→ベトナム語



ベトナム語音声→日本語


中国語音声→日本語


それと、ちょっと試しにタイ語→日本語を私がやってみました。「氷」という意味のタイ語を音声で入れたのですが、何度やっても正しく日本語に訳してくれないのです。


で、タイ人の生徒さんに同じことをやってもらったところ、一発でちゃんと「氷」と翻訳したのです。う~ん、やはりタイ語は発音が難しいのか、正しい発音でないと機械は聴きとってくれないようです。

 

現地では「氷は入れないでください」と言ったらちゃんと通じたのに…。

これは多分、外国人の下手な発音でもそういう状況(レストランで飲み物を注文した時)で言ったら、その意味だなと相手が判断してくれているということですね。

 

ここが機械翻訳と生身の人間がその場の状況を加味して解釈する、違いだと思いました。

まさか、現地の人が発音が違いますよ、とまでは指摘してくれませんので、やはり外国語はネイティブの先生について勉強するのが大事だな、と感じました。(あるいは指摘してくれる人を持つか)

 

VoiceTraの使い方は簡単です。国内で海外からの旅行者と簡単な会話をしたり、逆に海外で使ったりするような場面で便利だと感じました。無料なので一度試されてはいかがでしょうか。

ばってんT村でした。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://olive-shiga.asablo.jp/blog/2018/03/25/8811312/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

★コメント・トラックバックは内容確認後公開しております
★オリーブホームページはこちらからどうぞ!