★オリーブホームページはこちらからどうぞ!

ドクターコール2017/05/21

 前回の続きで個人の体験談になりますがお付き合いください。
前回はフライト自体でのトラブルでしたが、今回は健康面に関わることで発生したお話です。

 これは以前ブログで書いたと思いますが、虫歯治療で詰めた被せが海外出張中にスッポリ外れたことがあります。その時点からまだ1週間以上滞在しなければならず、飲み物は沁みるし、さすがに放置できず現地の歯医者に行きました。
 
 幸いイギリスだったので何とか下手な英語で「日本で治療するから仮の詰め物をしてください」と言って応急処置をしてもらいました。
 歯を見て「Oh, big hole」とか言いながらチャッチャと短時間でやってくれました。
 でも治療代は高かった…クレジットカードで払いましたが、日本円換算で1万円近くしました。

 海外旅行保険では、基本的に虫歯治療は対象外なので気をつけないといけません。旅行される方は虫歯治療は終わらせておいたほうがよろしいようです。

 これは後輩といっしょに中国に出張に行っていたときのことです。彼にはある持病があったのですが、上海から帰国する飛行機の中でタイミング悪く発作を起こしてしまったのです。
 表情にも表れ、その異変に気付いたCAが飛んできて隣に座っていた私に「機内放送でお医者さまがいないかお聞きしましょうか?」と言ってきたのです。

 こんなシーン、テレビドラマか映画の中だけの話だと思っていたので実際に自分がそのような場面に出会うなどとは考えてもいませんでした。

 幸い私は彼の持病のことは知っていて、しばらくすれば発作は収まることはわかっていたので「しばらくすれば収まりますので大丈夫です。」と言ってドクターコールはお断りしたことがあります。日系の航空会社だったので日本人CAで意思疎通に問題がなかったのも幸いでした。

 ただ、関空到着後、2人とも別室に呼ばれて病状の細かいことを聞かれました。何も知らない航空会社にしてみれば伝染性のものだったら大問題になりますから根掘り葉掘り聞くのは当然です。
 最後に住所、電話番号を聞かれサインもさせられた記憶があります。

 もうひとつ、似たような事例なのですが、これは出張中の台湾での体験です。この時は4名ほどのグループで出張していたのですが、ある夜そのうち1人が下腹部に激痛を覚え、通訳してもらうため現地スタッフも同行で救急病院に連れていったことがあります。

 診察室から出てきた現地スタッフにどうだったのか聞くと「『放っておくとたいへんです。手術をしたほうがよいですが、どうするか今決断してください』と医者は言っています」と言うではありませんか。

 いきなり海外で腹を切るなんてできるわけがありません。相談して最終的には痛み止めの処置だけしてもらい翌日日本へ連れて帰ることにしたのです。
 翌朝、気が利く営業マンが航空会社に事情を説明して救急車を関空に待機しておけないか言ったところ、「それ以前に最初からそのような方は搭乗できません」と断られたのです。

 これも言われれば道理でして、航空会社にしてもいつどうなるかわからない病人を乗せるわけにはいかないのです。
 幸い名前などは明かしていなかったので、平静を装い私が連れて帰りましたが、機中では病状が悪化しないか、痛み止めの効果が切れないか、気が気ではなかったですね。

 関空に迎えに来たご両親に引き渡しましたが、後から病名を聞くと急性の腸炎で手術など全く必要なかったとのことでした。
海外だとお腹をこわすことはよくあります。

 慣れない海外では、歯とお腹には最低限気を付けましょうということですね。
ばってんT村でした。

オーバーブッキング2017/05/07

 GW連休中、飛行機を利用して旅行された方もいらっしゃるかと思います。
 航空機と言えば、4月にアメリカの航空会社がオーバーブッキングのため乗客を強引に引きずり下ろした事件がありましたね。

 元々、航空会社がキャンセルを見込んで定員より多く予約を取ることは知られています。とにかく早くチェックインして搭乗券をもらってしまえ、と会社でも出張の時言われたものです。
 でも、座席に着いた後に引きずり出されたら打つ手はないような…

 旅にはトラブルはつきものです。私は公私合わせこれまでたぶん300回くらい(1搭乗1回とカウントして)乗っていると思いますが、大きなトラブルには会ったことはありません。

 ただ小さなトラブルはいくつか遭遇しました。
ロストバッゲージが1回、乗り継ぎ時に荷物を積み忘れられたのが1回、出発便の大幅遅れで乗り継ぎ便に間に合わなかったのが1回、運行取りやめが1回というところです。

 それとこれは私のしょーもないミスだったのですが、スーツケースのキーを忘れてきて到着空港の税関で中を見せてと言われ、それができず没収されたのが1回。
 ホテルにチェックインした後、韓国の夜の街に着替えを買いに出かけました。日本からキーを送ってもらい4 日後空港までスーツケースを回収に行きましたが、今では懐かしい思い出です。

 あと、これも私のミスなのですが、リコンファームをさぼってしなかったため予約を取り消されたのが1回。
 今やリコンファームなんて死語ですね。昔は確か乗る3日前までに、乗りますという連絡を航空会社にしなければならなかったのです。まだ携帯もなかった時代、結構面倒くさくて実際やらなくても取り消されたことはなかったので高を括っていたのです。
中国出張中でしたが、結局帰国が1日延びました。

 ただ、オーバーブッキングに関しては逆にいい目に会っています。ビジネスクラスに変更されたことが3回ほどありました。たまたまラッキーだったのでしょう。
 そのうち1回はカタールのドーハから関空までの12時間あまりの長距離フライト、この時ほどビジネスクラスの楽チンさを味わったことはありません。

 個人的な話になってしまって恐縮です。ばってんT村でした。

電子新聞の薦め2017/04/23

 前回、図書館で新刊をリクエストしない手はない、と書きましたが少し補足します。

 今年、「蜜蜂と遠雷」という小説が直木賞と本屋大賞をダブル受賞しました。
 ローカルな話ですが、南草津図書館でこの本は今200人待ちです。借りた人皆が一気読みして2日で返却しても待ち行列の最後の方に回ってくるのは1年以上後になるということです。
 話題作は借り手が殺到するので待てない人は買った方がよいでしょう、という追記をしておきます。それにしても200人待ちとは…

 さて、今はネットで簡単に情報が入手できますが、私は紙の新聞を読むのが好きでもっぱらこのような新刊の紹介も新聞の広告欄や記事の中で見たりしていました。

 毎朝宅配される新聞を長年購読していたのですが、実は2年前に引っ越した直後、新聞を取っていない時期があります。

 引っ越した先のマンションでは保安上、居住者以外は勝手に居住階に入れないため新聞が配達されるのは郵便受けまでなのです。それを聞いて、朝わざわざエレベータで1階まで降りて郵便受けまで取りに行くのが面倒くさいと思ったことが理由です。

 ただ、それまで習慣にしていた朝刊に目を通すという行為がなくなり物足りなさを感じてきました。
 そうだ新聞も今や電子版があるよな、ということで1年前に電子版を契約したのです。
 利用してみるとこれがなかなかよいのです。

 広告も含めて新聞紙面がそのまま電子版になっています。
まず、購読料が紙の時の半額になりました(価格は各新聞社によって違います)
 タブレットで読んでいますが、拡大表示できるので老眼の入った目でも楽に読めます。キーワードで検索もできバックナンバーも見られます。当然、配達忘れや遅れもなく新聞紙のゴミも出ません。
 
 ただひとつ物足りないと感じたのは、これも当然なのですがあの宅配される新聞に折り込まれている広告チラシは見られません。意外とこれを見るのが楽しみという人は多いのです。

 …と思っていたのですが、今やこれらもネット上で見られるんですね。「折り込みチラシナビ」などで検索すると例えば近所のH堂のチラシなども見ることができます。

あの新聞紙面の細かい文字は読むのが疲れる、と思っている方にはこの電子版はお奨めです。
ばってんT村でした。

図書館の薦め2017/04/09

 図書館は利用されているでしょうか?
ローカルな話題になりますが、琵琶湖放送で「ロザンの読書推進委員会」という番組が先月ありました。
 ロザンとはあのお笑い芸人コンビのことです。

 滋賀の図書館が紹介されたのですが、滋賀県は読書に力を入れている県として図書館が充実していることがよくわかりました。
 まず、県内の全部の市に図書館があるということ。実はすべての市や区に図書館がある都道府県は滋賀県を含め日本では4県のみなのです。
 次に県民一人当たりの図書貸出数は東京に次いで2位とのこと。

 また、滋賀県立図書館の蔵書数は140万冊で全国4位だそうです。当然、すべて表に並べられないので倉庫に保管され予約があれば取り出されます。

 愛知川(えちがわ)図書館は2007年のライブラリオブザイヤーになったそうです。普通貸出冊数には制限があるのですが、ここは無制限に借りられます。また和室もあるのです。
 つまり行きたくなる、居心地のいい図書館ということですね。

 ネットが普及した今や当然ですが、図書館のホームページで本の検索や予約は簡単にできます。図書館にない新刊の本もリクエストできます。なければ新たに購入してくれるのです。
 利用しない手はありません。

 娯楽が多様化した現在、読書離れが進み本は売れない時代になっていると言われていますが、書店も工夫しています。

 ずいぶん前からあるらしいのですが、最近まで知りませんでした。あのツタヤ書店とスターバックスが同じフロアに併設されていてコーヒーを飲みながら書店から持ち込んだ本を読めるところがあります。
 展開しているのはおもに都市部のようです。私は利用したことはありませんが、必ずしも購入しなくてもいいらしいです。でも気を使いそう。

 やはり、すこし遅れても図書館から借りて自宅でゆっくり読んだ方がいいかな、と思います。
皆さんも近くの図書館をのぞいてみてはいかがでしょうか?
ばってんT村でした。

今時の結婚式2017/03/26

 先週末、めいの結婚式と披露宴に出席するため帰省しました。
この齢になると、黒いネクタイをして出かける式の方が多いのですが、久しぶりに白いネクタイでおめでたい式に列席しました。

 景観のよい小高い場所に建った式場で行われたのですが、チャペルではほんまもんの外人さんが牧師に扮し英語で式を取り仕切り(要所要所では「ユビワノコウカンデス」など片言で日本語)、列席者は賛美歌まで歌わされました。

 その後の披露宴ですが、一昔前とは様変わり。
 デジタル機器の発達もあるのでしょう、会場にはプロジェクタが3面もあってふたりの生い立ちやお祝いのビデオレターなどがスクリーンに流されました。
 また結婚式、披露宴の進行は常時カメラマンが録画し、披露宴の最後にはすでに編集されたものが映し出されたのでした。

 最後は風船まで飛ばして、演出がよく考えられていますし仕事が早い。ブライダル産業もがんばっているんだな、とへんなところで感心しました。

 さて、話は変わって新婚旅行に関してですが、非常に魅力的な動画がありますので紹介します。
 2年間で500万円貯め400日かけて48か国を巡った新婚カップルが、行った国々でドローンを飛ばして空から絶景を交えて自撮りしたものです。一生分の夫婦の思い出話作りにと思いついたそうです。

 編集された4 分ほどのダイジェスト版がYouTubeで見られますがこれは美しいです。新婚旅行でなくても見ていると行きたくなる映像です。
「Honeymoon traveler」あるいは「新婚旅行 世界一周 ドローン」で検索してみてください。

 個人的には、冒頭に出てくるトルコのカッパドキア(たぶん)で気球が浮遊しているシーンとクロアチアのドブロブニク(たぶん)に広がるオレンジ色の屋根瓦の家々が魅惑的です。

 日本でももうすぐ美しい桜が随所で見られる季節になってきました。桜は上からでなく、木々の下から見上げるのが一番ですよね。今年もお花見しましょう。
ばってんT村でした。

落語はいかが?2017/03/12

 バラエティやお笑い系の番組は好きでよく見るのですが、お笑いの一つのジャンルである落語に限っては電波に乗って放送されることはまれではないでしょうか?
 勢い、見たい(聴きたい)と思ったら公演しているところに出かけることになります。

 落語が趣味と化した妻にたまに連れられて行くのですが、今や公演会場や劇場だけでなくお寺などでもやられているんですね。
 先月はなんと病院内でやられた落語を聞きに行きました。京都のある個人経営の病院内の広間を使ってワンコイン(500円)で2演目、時間にして約1時間の落語でした。落語家はアマチュアではなくベテランのプロです。

 漢字をネタにした面白い落語があったのでちょっと紹介したいと思います。「厄払い」という題目です。

 江戸時代、大晦日には厄払いを家に呼んで厄を払う習慣がありました。
 仕事も金もない与太郎を見かねた伯父が、元手もかからないこの厄払いという商売を薦めます。
呼ばれた家で決まった口上を述べるのが手順なのですが、憶えることができない与太郎は伯父に口上を紙に書いてもらい、それを持っていきぶっつけ本番で読み上げることにしました。

 その口上の中に「鶴は千年、亀は万年」というあの有名なことわざがあるのですが、与太郎は「鶴は十年、亀は一カ年」と読んでしまい、客からはそんな短命なことあるか、とツッコミを入れられる場面があります。
 毛筆でかすれた千のノが見えず十と読み、万を一とカに分けて読み間違えたのです。

 このような話では、だいたい主人公はちょっと頭が弱いという設定になっていて、常識的なことを知らなかったりします。

 実はこの場面、もうひとつ「亀は萬年」と「万」が旧字体になっているバージョンがあることを後で知りました。
 萬という漢字を読めない与太郎は、表ののれんに偶然同じ漢字が書かれているのを見つけ読みを聞きます。「よろず屋だよ」と聞き「亀はよろず年」と言ってしまうのです。

 萬は「よろず」とも読むということを聴く方も知っていないと笑えないのですが、おそらく「萬年」のバージョンは一昔前の筋書きではないかと想像します。
 
 落語家が臨場感たっぷりに演じる場面を想像しながら聴いて笑うのもよいものです。古い日本の文化、習慣を知るきっかけにもなります。
 近場だと、草津宿本陣で定期的に落語がやられています。興味を持たれた方は一度行ってみてはどうでしょうか?
 ばってんT村でした。

ポーランドとアニメ2017/02/26

 先週の新聞やテレビのニュースで初の外国人プロ将棋棋士が誕生したという話題が報道されていました。ご存知の方もいらっしゃるかと思います。
 カロリーナ・ステチェンスカさんというポーランド人の女性なのですが、将棋に興味を持ったきっかけが高校時代に見た日本のアニメ「NARUTO」の中での将棋を指すシーンだったということをインタビューで語っていました。
 最初に憶えた漢字は将棋の駒に書かれた漢字だったということですが、なるほどと思いました。

 人生を左右するほどの影響を与えるのですから、今や日本アニメの影響力は絶大です。
 今年の外国人による日本語スピーチ大会でも、「ドラえもん」や「ドラゴンボール」で日本文化をかいま見たり興味を持ったという出場者がいました。

 さて、ポーランドとアニメに関してですが、このニュースに接して私もひとつ思い出したことがあります。

 数年前に旅行でチェコのプラハからポーランドのクラクフというところまで一晩かけ寝台列車で移動した時のことです。
 コンパートメントで若いポーランド人男性と同室になりました。寝るまでの間、お互いの国のことでよもやま話をしたのですが、彼も例に漏れずアニメを通じて日本に興味を持ったタイプでした。
彼が愛読していたのは「キャプテン翼」。サッカーの本場ヨーロッパではこの「キャプテン翼」は絶大な人気があったそうです。

 彼は日本で発生した大地震や原発事故のこともよく知っていて「ポーランドには原発はなく、すべて火力発電なんだ」ということも聞いたことを思い出しました。

 以前、このブログで話題にしましたが、ポーランドのクラクフには日本も資金を提供して建設された「Manggha Museum」(マンガ博物館)という日本の美術品を展示している所があります。
 日本文化に身近に接することができるということも日本に興味を持つ人が多い理由かもしれません。日本語教育も盛んな国です。

 さてこの寝台列車には後日談がありまして、翌朝クラクフに到着し列車から降りてきた彼に一人の女性が連れ添ってきました。そしてニコニコした彼は「私の妻です」と紹介するではありませんか。

 夫婦で同じ列車に乗っていたのです。寝台車の予約の時、同室が取れなくて分かれてしまった、と言うことでした。

 「言ってくれたら奥さんと替わったのに」と言ったのですが二人は「問題ない、ない」と笑って答えるだけでした。たぶん、外国人である私に気を使ったのだと思います。
(男女分けて割り振られていたら実際変更は無理だったかもしれませんが)

 その後、ポーランドは初めてと言っていた私を予約していたホテルまで案内してくれ、そして別れ際には「もし何かあればここに電話して」とメモ用紙まで渡してくれました。

 このような経験を通して私のポーランドに対する印象がすこぶる良かったのは言うまでもありません。つくづく、その国の第一印象は玄関口で決まるものだなと思いました。
 ばってんT村でした。

笑える日本語2017/02/12

 また書籍の紹介ですが、これはほんとうに笑えます。イラストがまた秀逸なのです。
買ってしまいました。

 用言や慣用句をまじめに解説した上でギャグやオチがちりばめてあります。

 例えば「付かぬ事」
それまでの話題とは関係ない、と言う意味で「付かぬ事をうかがいますが」と恐縮している気持ちを込めながら物事をたずねるときに使う。
と言いつつも相手の年齢など本当に失礼な事をたずねる場合に用いる。
などという趣旨の説明がしてあります。

 お父さんの無くなりかけた頭髪を表現するのは「無きに等しい」と「無きにしも非ず」のどちらが適切か? これもきちんと解説してあります。

 実際を読んでもらった方がよいと思いますので、そのホームページを紹介しておきますね。書籍と違い、ここではどんどん用語が追加されていっています。

 こちらです→https://www.fleapedia.com/
あるいは「笑える国語辞典」と入力して検索してください。
 
 今回は上記のホームページで笑っていただくということでブログ記事に代えさせていただきます。
 ばってんT村でした。

重言2017/01/29

 同じ意味を重ねてしまうことを重言と言いますが、 「違和感を感じる」や「一番最初」「被害を被る」など私たちも知らぬ間にうっかり使っていそうです。

 あるテレビ番組でのインタビュー場面でしたが、実際に一般の人からも「自分の自家用車」「最終的な結論」というような重言が出てきていました。

 またつい最近気づいたのは、JRのホームにある列車時刻を示す電光掲示板での表示についてです。
 貨物列車やその駅に停車しない電車が通過する際に「通過列車が通過します」と思いっきり重言を使った表示がされていました。

 さすがにこれはないだろうと思いましたが、いやいや、注意を喚起するためわざとかも知れません。
「スマホ見ながら歩いている人、注意してや。接触でもしてけがしたら『後で後悔する』ことになるよ」ってところでしょうか。

 ただ、ら抜き言葉と同様、この重言今や世の中に普及してしまい、文化庁の世論調査では気にならない人が過半数とのことです(「過半数を超えている」と言ってももはや違和感なし?)
 間違ってダブっているというより協調したいための表現として認められてしまったのでしょうか。

 この重言に関わるおもしろい話題がネットにありましたのでちょっと紹介。
 「訃報のお知らせ」という重言ですが、「報」が知らせることを意味するので、「お知らせ」は不要ということはわかります。さらにおもしろいことに「訃」という漢字そのものに「人の死を知らせる」という意味があるそうです。
 つまり「訃報」がすでに重言だったというオチなのですが、さすがに「訃」だけでは?ですよね。
 語源は奥が深いです。
ばってんT村でした。

校閲ガール2017/01/15

 少し前のことになりますが、昨年の秋に放映された「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」というTVドラマがありました。
 出版社の校閲部に配属された新人女性が大作家の原稿を担当したり、知恵を貸したりする活躍を描いたコメディタッチのドラマです。
 原作が小説なので文庫本も出版されています。

 校閲とは「文書や原稿などの誤りや不備な点を調べること」とありますが、単に誤字、脱字、誤用などを訂正するだけでなく内容も確認するということを初めて知りました。

 ドラマはもちろんフィクションで、その校閲部では校閲中の小説に出てくる家の模型を作ったり現場へ行って確認したりするところまでやっているのです。
 ある推理小説の校閲中、作家がダイヤ改正前の時刻表でトリックを考案したためそれが成立しないことに気づき、その解決方法を考えるなんて、まさか校閲者がそこまでやらないでしょう、というシーンもありました。

 ですが、実際の新聞社の校閲者が書かれたエッセイを読むと、あそこまでやらないが人物相関図や年表程度は作るそうです。
 また仕事柄、日常生活でも誤用は気になりその典型は「ら」抜き言葉とのこと。ただ、川端康成の小説にも「ら」抜き言葉は多用されていて、すでに当時から「ら」抜き言葉は使われていたということです。

 このようなドラマや実在の校閲者のエッセイを見ると、文筆業や小説家は創作のプロではあっても必ずしも国文法を熟知しているわけではないということですね。
 ボランティアですが日本語を教える我々が正しい日本語をプロの先生方の講義を聞いたりして学べる立場にいるのは幸いかな、と思います。

 話が逸れますが、ドラマの中で「それはうまい便乗商法ですね」に対して「あやかり商法と言え」という面白いセリフのやり取り場面がありました。
 このような印象を変える言い換え、これは文法知識ではなく知恵ですね。

 私も仕事上で「しまった、忘れてた!」ということがあって言いわけがひねり出せず正直に言うしかないな~という時、メールでは「忘れていました」ではなく「失念していました」と書くときがあります。
「忘」より「失」という漢字の方が過ちが緩和されるような印象を受けませんか?

 これも表現上のことですが、「できません」は「いたしかねます」とていねいな表現に変えればつっぱねた印象にならず、検討したんだけどできないんですよ、という感触にならないでしょうか。

 つくづく、日本語は表現方法が豊富でよかったな、と思います。
ばってんT村でした。
★コメント・トラックバックは内容確認後公開しております
★オリーブホームページはこちらからどうぞ!