★オリーブホームページはこちらからどうぞ!

炎のランナー2016/08/28

 今年のオリンピックは盛り上がりましたね。
盆休みと重なったこともあって私も連日、テレビで見ていました。競技のダイジェスト番組や特集番組がいくつも放映され、その中でBGMとして時々「炎のランナー」という映画のテーマ曲が使われていました。アカデミー賞も取った映画です。
 そういえば、前回のロンドンオリンピックの開会式にも使用されました。

 この音楽を聞いて映画を久しぶりに観たくなり、ネットで探して観てみました。公開時、映画館で1度見たきりでストーリーはほとんど忘れていましたが…・
 1924年のパリオリンピックに短・中距離ランナーとして出場するイギリス人青年たちを描いたもので、脚色は多いですが登場人物は実在です。

 印象深く記憶に残っていたのは、主人公の一人は敬虔なキリスト教徒なのですがオリンピックで100mレースの予選が日曜日になったことに対し、安息日である日曜日のレースを拒否したシーン、オリンピックに来た意味がなかね~、という場面です。

 神に仕えるか国家に従うかという選択に迫られ…という風にストーリーが進みます。人種や宗教、国家が絡み合い、普通のスポ根ものとは少し趣は違います。

 この映画ではもうひとつ思い出があります。当時、英会話を習っていてフリートークの話題に前日に見たこの映画を出そうとしたのですが英語の原題を知らなかったので戸惑ってしまいました。
あらすじを片言の英語で先に話すと、先生が「ああ、原題はChariots of Fireだね」という答え。

 「Chariotとは何?」と聞くと英語で説明してくれました。
 古代ギリシャ・ローマ時代の馬に引かせた二輪の戦車や競争馬車のことだったのです。映画で例を出すとすればあの「ベンハー」に競争シーンで出てきましたね。
 まぁ、普通の英会話では一生でほとんど出会わないような単語なのですが、なぜかこのように印象に残ると覚えてしまうものです。

 日本のアニメで日本語を覚えた外国人が、どこでそんな日本語を知ったの?というような単語を使えるのも納得がいきます。「奈落の底」なんて単語を知っているんですよ。
ばってんT村でした。

旅情2015/01/18

 今週は映画の原題と邦題の違いについて話したいと思います。

 素敵な邦題タイトルに引かれて映画を見に行かれる方も多いでしょう。邦題はストーリーを想像させたり、観たいと思わせるようにうまく表現がされていると感じます。 
 で、原題はどんなんかな~と見てみると英語の原題のなんと素っ気無いこと。

 昨年、大ヒットした「アナと雪の女王」の原題は「Frozen」。凍ってるってだけ言われてもねー。
 おなじディズニー映画で「カールじいさんの空飛ぶ家」というのがあり、原題は「Up」、たったアルファベット2文字ですよ。
 2年ほど前の同じディズニー映画で「メリダとおそろしの森」というアニメがありました。原題は「Brave」、勇気という意味ですが、確かにストーリーは勇気がポイントにはなっていました。

 どうも、アメリカではタイトルで観客を呼ぼうという意図はないようですね。

 時代は遡りますが、「愛と青春の旅立ち」というのがありました(今見るとちょっとクサイ邦題ですけど)。
 原題は「An officer and a gentleman」。直訳すると「士官と紳士」。まあ、映画は士官養成学校生の恋と友情を描いたもので原題と合っていないわけではないですが。

 さらに遡って「Melody」は邦題では「小さな恋のメロディ」(年配の方だとこの映画ご存知かと)

 このように日本では原題とまったく違う邦題が付けられたり、一言付け足したりする事が多く、日本語の表現力の豊かさが感じられます。

 もちろん原題、邦題ともいいなと思わせる映画もあります。私の中では、原題「Summertime」、邦題「旅情」でしょうか。(私が生まれる前の1950年代の映画なので、ビデオでしか見ていませんが)

 ストーリーはアメリカ人女性が長期休暇で訪れたヴェニスでイタリア人と恋に落ちるという、時代は変わっても不変のラブストーリー物です(ヒロインは日本ではオードリーほどの知名度はないですが、大女優のキャサリン・ヘプバーン)

 ちなみに映画に出てきた真紅のベネチアングラスはサマータイム(summertime)という呼び名で販売されています。

 ちょっと趣味に走ってしまいましたが、原題と邦題を対比しながら映画を見るもの楽しいものですよ。
はってんT村でした。
★コメント・トラックバックは内容確認後公開しております
★オリーブホームページはこちらからどうぞ!