★オリーブホームページはこちらからどうぞ!

オリーブ日本語養成講座2011/08/17

こんにちは!M.j.です。
お盆や何やらでブログのアップがすっかり遅くなってしまいました、ごめんなさい・・。(反省)

七月末・八月初めのオリーブ授業前の時間二回を使って、我らが代表O先生によるオリーブの先生向けの日本語養成講座が行われました!

今回は“動詞の活用”についての先生向けへの講座でした。
普段私たちが普通に何げなく使っている“動詞”も、活用となると、「あれ??これって・・・」と思わず一瞬考えてしまうこともしばしば・・・
その反面、「ああ!だからこうやって活用するのか、なるほど!」という、“新たな発見”もありました。
こうして改めて日本語を見つめなおすと、て形、ない形、辞書形、命令形、そして可能・受身・使役など・・・これだけたくさんの活用があると、生徒さんの気持ちが少しわかるような気がします。
しかもこれは動詞の活用。形容詞・副詞・助詞、そして日本語にはまだまだ覚えなければならないことがたくさんあります。

今回は動詞のみでしたが、本当に勉強になりました。
さすが代表O先生本当に分かりやすい講座でした!!二回といわず、もっと続けてほしいです。
私たちももっと日本語をもう一度見直し、どうしたら生徒さんにわかりやすく伝わるのか、より理解してもらえるのか、もっともっと努力が必要だと改めて感じた講座でした。

(M.j.)

切り絵体験2010/12/13

今回は通常の時間の後半を使って みんなで切り絵体験です♪

日本文化ということで家紋の意匠を切り絵で作ってみたんです。

日常生活から遠のいた感がある家紋。
それぞれの家紋が何の意匠か? というクイズが面白く その由来もためになって みんな興味が湧いてきたみたいです。
型紙を使って切っていくと、思いもよらず 素晴らしい出来栄えになりました。

時間はあっという間に過ぎてしまい、1つ作るのが精いっぱいでした。
何種類もある型紙を試したくなるのが人情ってやつです。
色とりどりの色紙を持ち帰える人が多かったなぁ~。
きっと帰ってから作ったのかな?

こんな企画も楽しいですね♪

    by ケン犬

日本語の発声・発音・心に届く話し方2008/11/28

7色の声で話す上新さん
オリーブのボランティアたち、外国の人たちに日本語を教えていて、「先生」と呼ばれています。日本語文法や教え方の勉強会もやってきました。
でも、そもそも私たち、キチンと日本語しゃべっているのだろうか?先生の発音がわかりにくいってことはないだろうか、ひとりよがりで喋りっぱなしの授業をやってないだろうか・・・とふと不安を覚えたのでございます。それが1年ほど前のことでございましたでしょうか。
ここは、ひとつ原点に立ち返り、話すということに焦点をあてた研修会をしなければ、と思い続けておりましたが、ついに、11月24日、劇団「芋の華」の上新久雄さん、恭恵子さんを講師に招き、講座を開催することができたのでございます。

講座は、素晴らしかったです!!劇団を率いて30年以上の上新さんには、低い声と高い声の特性、話すときのテンポ、間のとり方など、いろいろなことを教えていただきました。それも変幻自在に声質や口調を変えて喋って見せてくれるので、とてもわかりやすい。役者の恭さんがモデルとなって詩の朗読などしてくれると、鳥肌もの。いい声~、発音きれい~、よくとおる~。そのすぐ後で同じものを読むよう言われても~ってあてられた人の気持ちもよくわかる。でももっとがんばれ~!滑舌の練習では、みんな苦労しましたね~。

声には人間性がでるそうです。相手に伝えるということを意識して、いい音、いいことばを発しましょう。この講座は大好評につき、第二弾を計画中。(アミーガ恩地)

逆体験2008/08/25

“外国語を外国語で学ぶ”体験。いつも私たちが日本語を日本語で教えている事が、外国人にとってどんなに難しいかを実際に体験してみようという講座でした。今回は中国語で体験。先生は日本語を一切使わず、中国語で喋り続けられること2時間。・・・初心者の私はちんぷんかんぷん。それでも、繰り返し繰り返し出てくる言葉は、「あ、それさっきも聞いたぞ」と、自然に耳慣れてくるのです!!今日教わった(でも覚えられていない)のは、教室で使う言葉、数字の1から10まで、あいさつと自己紹介、「私は○○です。△△に住んでいます。☆☆が好きです、嫌いです。」 日本人が日本語で考えれば、これだけ!?と感じますが、これだけの量でも外国語にしてみればいかに難しいか、骨身にしみました。  で、自己評価。今日はまず、中国語に耳慣れた、ということで成果としよう。(K)

本日は休みなり2008/08/16

今日はオリーブもお盆休み。しかしながら休みを返上し、次週催す『中国語講座』の事前打ち合わせをしました。今回の講座は、“外国語を外国語で学ぶ体験”という目的で行います。講師さんたちも初めての経験ということで、実際にやってみて「それは難しいな」「あ、それいい!」等と言いながら、2時間後、形が見えてきました。パチパチパチ、いい感じ。おもしろそうな講座になりそうです!! この講座は、8月24日(日)AM10時から正午、まちづくりセンター2Fにて行います。詳しくはオリーブまでお問い合わせ下さい。(K)

世界のふろしき2008/08/10

左はペルー、右はマダガスカル、真ん中は・・・アフリカの国(だったかな?)の“布”です。とってもきれいですね~。ペルーでは、この四角の布をうまく結んで赤ちゃんをも包み?背負うそうです。布を体に巻いて服にする国も多いですね。素敵ですね!! ・・・ということで、今日は日本の“布”=風呂敷を使って、色々な包み方をみんなで学びました。その様子はまた後日ご報告します!(k)

第15回オリーブ教養講座 ~中国人に教える日本語~2008/04/20

中国蘭州
4月20日(日)、青年海外協力隊員として2年間中国欄州で日本語教師として働き、帰国したばかりの元オリーブ会員中須賀剛さんに欄州事情と中国人に教える日本語についてお話してもらいました。

第14回オリーブ教養講座 ~初めて教える日本語~2008/04/12

第14回教養講座
4月12日(土)オリーブ授業前の17時半より、まちづくりセンターにて開催しました。
★コメント・トラックバックは内容確認後公開しております
★オリーブホームページはこちらからどうぞ!