★オリーブホームページはこちらからどうぞ!

勉強する2017/06/04

 オリーブで今年度も関西弁講座が開かれます。
その中に含まれているかどうかわかりませんが、「勉強する」という表現。ただ最近はあまり聞かなくなったような気がします。

 もちろん文字どおり学問などの勉強の意味ではなく、「値引きする」という意味で使います。
 「これ、なんぼ?」「はい、29,800円です」「高いな、もっと勉強して~な」と言うように。

 勉強の語源が「勉めて強いる」で「精を出す、努力する」という意味があり、必ずしも学習する、修行するという解釈だけでなく、分野を問わず努力する意味で使われていたとのことです。
 つまり商売上、儲けが減ってもお客さんのために精一杯努力して売ります、という意味でも昔から使われていた、ということです。

 であれば共通語のはずですが、もっぱら関西弁として扱われているのは、他の地方に比べ値切りの文化が定着しているからでしょうか。関東ではまずこの値引きする意味の「勉強する」は通じないらしいです。

 私は関西生まれではないですが、住んで長いので値切る習慣?が身についてしまっています。実生活で値引きを要求する場面はそうそうないのですが、値段が張る家電品を購入するときはやりまっせ。

 他店と比較して「あそこ以上に勉強してくれたらここで買うよ」、もちろん実際に調べてからで、嘘を言ってはいけません。この店のお得意さんであることもアピールします。まず応じてくれますね。
 また、複数買ってオマケをつけてもらう。大阪のおばちゃんレベルですがダメ元でもいいんです。

 2年ほど前、パソコン、プリンタ、マウスなどを同時に購入した時に「インクカートリッジ一式オマケにつけてよ」って言ったら、さすがにそれは勘弁してください、と言われましたが、一緒に買うならという条件でそのインクを値引きしてくれました。
 加えて「オマケでプリンタケーブル付けときますね」とケーブルをくれたのですが、今やプリンタも無線でつながる時代、これは無駄になりました。

 思うに関西の人はこの値切るという行為でコミュニケーションを楽しんでいるのだと思います。
 だから買う側も何が何でも絶対値切ったるぞと意気込むのではなく、とりあえず言うだけ言ってみるか、という軽い気持ちでいいと思います。

 そう言えば、「これなんぼ?」と聞かれ100円のものを「はい、100万円ね」とか、「ここにお勘定置いとくで、500おく円」などは関西特有のお笑いを交えたコミュニケーションですよね。

ばってんT村でした。

落語はいかが?2017/03/12

 バラエティやお笑い系の番組は好きでよく見るのですが、お笑いの一つのジャンルである落語に限っては電波に乗って放送されることはまれではないでしょうか?
 勢い、見たい(聴きたい)と思ったら公演しているところに出かけることになります。

 落語が趣味と化した妻にたまに連れられて行くのですが、今や公演会場や劇場だけでなくお寺などでもやられているんですね。
 先月はなんと病院内でやられた落語を聞きに行きました。京都のある個人経営の病院内の広間を使ってワンコイン(500円)で2演目、時間にして約1時間の落語でした。落語家はアマチュアではなくベテランのプロです。

 漢字をネタにした面白い落語があったのでちょっと紹介したいと思います。「厄払い」という題目です。

 江戸時代、大晦日には厄払いを家に呼んで厄を払う習慣がありました。
 仕事も金もない与太郎を見かねた伯父が、元手もかからないこの厄払いという商売を薦めます。
呼ばれた家で決まった口上を述べるのが手順なのですが、憶えることができない与太郎は伯父に口上を紙に書いてもらい、それを持っていきぶっつけ本番で読み上げることにしました。

 その口上の中に「鶴は千年、亀は万年」というあの有名なことわざがあるのですが、与太郎は「鶴は十年、亀は一カ年」と読んでしまい、客からはそんな短命なことあるか、とツッコミを入れられる場面があります。
 毛筆でかすれた千のノが見えず十と読み、万を一とカに分けて読み間違えたのです。

 このような話では、だいたい主人公はちょっと頭が弱いという設定になっていて、常識的なことを知らなかったりします。

 実はこの場面、もうひとつ「亀は萬年」と「万」が旧字体になっているバージョンがあることを後で知りました。
 萬という漢字を読めない与太郎は、表ののれんに偶然同じ漢字が書かれているのを見つけ読みを聞きます。「よろず屋だよ」と聞き「亀はよろず年」と言ってしまうのです。

 萬は「よろず」とも読むということを聴く方も知っていないと笑えないのですが、おそらく「萬年」のバージョンは一昔前の筋書きではないかと想像します。
 
 落語家が臨場感たっぷりに演じる場面を想像しながら聴いて笑うのもよいものです。古い日本の文化、習慣を知るきっかけにもなります。
 近場だと、草津宿本陣で定期的に落語がやられています。興味を持たれた方は一度行ってみてはどうでしょうか?
 ばってんT村でした。

ポーランドとアニメ2017/02/26

 先週の新聞やテレビのニュースで初の外国人プロ将棋棋士が誕生したという話題が報道されていました。ご存知の方もいらっしゃるかと思います。
 カロリーナ・ステチェンスカさんというポーランド人の女性なのですが、将棋に興味を持ったきっかけが高校時代に見た日本のアニメ「NARUTO」の中での将棋を指すシーンだったということをインタビューで語っていました。
 最初に憶えた漢字は将棋の駒に書かれた漢字だったということですが、なるほどと思いました。

 人生を左右するほどの影響を与えるのですから、今や日本アニメの影響力は絶大です。
 今年の外国人による日本語スピーチ大会でも、「ドラえもん」や「ドラゴンボール」で日本文化をかいま見たり興味を持ったという出場者がいました。

 さて、ポーランドとアニメに関してですが、このニュースに接して私もひとつ思い出したことがあります。

 数年前に旅行でチェコのプラハからポーランドのクラクフというところまで一晩かけ寝台列車で移動した時のことです。
 コンパートメントで若いポーランド人男性と同室になりました。寝るまでの間、お互いの国のことでよもやま話をしたのですが、彼も例に漏れずアニメを通じて日本に興味を持ったタイプでした。
彼が愛読していたのは「キャプテン翼」。サッカーの本場ヨーロッパではこの「キャプテン翼」は絶大な人気があったそうです。

 彼は日本で発生した大地震や原発事故のこともよく知っていて「ポーランドには原発はなく、すべて火力発電なんだ」ということも聞いたことを思い出しました。

 以前、このブログで話題にしましたが、ポーランドのクラクフには日本も資金を提供して建設された「Manggha Museum」(マンガ博物館)という日本の美術品を展示している所があります。
 日本文化に身近に接することができるということも日本に興味を持つ人が多い理由かもしれません。日本語教育も盛んな国です。

 さてこの寝台列車には後日談がありまして、翌朝クラクフに到着し列車から降りてきた彼に一人の女性が連れ添ってきました。そしてニコニコした彼は「私の妻です」と紹介するではありませんか。

 夫婦で同じ列車に乗っていたのです。寝台車の予約の時、同室が取れなくて分かれてしまった、と言うことでした。

 「言ってくれたら奥さんと替わったのに」と言ったのですが二人は「問題ない、ない」と笑って答えるだけでした。たぶん、外国人である私に気を使ったのだと思います。
(男女分けて割り振られていたら実際変更は無理だったかもしれませんが)

 その後、ポーランドは初めてと言っていた私を予約していたホテルまで案内してくれ、そして別れ際には「もし何かあればここに電話して」とメモ用紙まで渡してくれました。

 このような経験を通して私のポーランドに対する印象がすこぶる良かったのは言うまでもありません。つくづく、その国の第一印象は玄関口で決まるものだなと思いました。
 ばってんT村でした。

笑える日本語2017/02/12

 また書籍の紹介ですが、これはほんとうに笑えます。イラストがまた秀逸なのです。
買ってしまいました。

 用言や慣用句をまじめに解説した上でギャグやオチがちりばめてあります。

 例えば「付かぬ事」
それまでの話題とは関係ない、と言う意味で「付かぬ事をうかがいますが」と恐縮している気持ちを込めながら物事をたずねるときに使う。
と言いつつも相手の年齢など本当に失礼な事をたずねる場合に用いる。
などという趣旨の説明がしてあります。

 お父さんの無くなりかけた頭髪を表現するのは「無きに等しい」と「無きにしも非ず」のどちらが適切か? これもきちんと解説してあります。

 実際を読んでもらった方がよいと思いますので、そのホームページを紹介しておきますね。書籍と違い、ここではどんどん用語が追加されていっています。

 こちらです→https://www.fleapedia.com/
あるいは「笑える国語辞典」と入力して検索してください。
 
 今回は上記のホームページで笑っていただくということでブログ記事に代えさせていただきます。
 ばってんT村でした。

重言2017/01/29

 同じ意味を重ねてしまうことを重言と言いますが、 「違和感を感じる」や「一番最初」「被害を被る」など私たちも知らぬ間にうっかり使っていそうです。

 あるテレビ番組でのインタビュー場面でしたが、実際に一般の人からも「自分の自家用車」「最終的な結論」というような重言が出てきていました。

 またつい最近気づいたのは、JRのホームにある列車時刻を示す電光掲示板での表示についてです。
 貨物列車やその駅に停車しない電車が通過する際に「通過列車が通過します」と思いっきり重言を使った表示がされていました。

 さすがにこれはないだろうと思いましたが、いやいや、注意を喚起するためわざとかも知れません。
「スマホ見ながら歩いている人、注意してや。接触でもしてけがしたら『後で後悔する』ことになるよ」ってところでしょうか。

 ただ、ら抜き言葉と同様、この重言今や世の中に普及してしまい、文化庁の世論調査では気にならない人が過半数とのことです(「過半数を超えている」と言ってももはや違和感なし?)
 間違ってダブっているというより協調したいための表現として認められてしまったのでしょうか。

 この重言に関わるおもしろい話題がネットにありましたのでちょっと紹介。
 「訃報のお知らせ」という重言ですが、「報」が知らせることを意味するので、「お知らせ」は不要ということはわかります。さらにおもしろいことに「訃」という漢字そのものに「人の死を知らせる」という意味があるそうです。
 つまり「訃報」がすでに重言だったというオチなのですが、さすがに「訃」だけでは?ですよね。
 語源は奥が深いです。
ばってんT村でした。

校閲ガール2017/01/15

 少し前のことになりますが、昨年の秋に放映された「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」というTVドラマがありました。
 出版社の校閲部に配属された新人女性が大作家の原稿を担当したり、知恵を貸したりする活躍を描いたコメディタッチのドラマです。
 原作が小説なので文庫本も出版されています。

 校閲とは「文書や原稿などの誤りや不備な点を調べること」とありますが、単に誤字、脱字、誤用などを訂正するだけでなく内容も確認するということを初めて知りました。

 ドラマはもちろんフィクションで、その校閲部では校閲中の小説に出てくる家の模型を作ったり現場へ行って確認したりするところまでやっているのです。
 ある推理小説の校閲中、作家がダイヤ改正前の時刻表でトリックを考案したためそれが成立しないことに気づき、その解決方法を考えるなんて、まさか校閲者がそこまでやらないでしょう、というシーンもありました。

 ですが、実際の新聞社の校閲者が書かれたエッセイを読むと、あそこまでやらないが人物相関図や年表程度は作るそうです。
 また仕事柄、日常生活でも誤用は気になりその典型は「ら」抜き言葉とのこと。ただ、川端康成の小説にも「ら」抜き言葉は多用されていて、すでに当時から「ら」抜き言葉は使われていたということです。

 このようなドラマや実在の校閲者のエッセイを見ると、文筆業や小説家は創作のプロではあっても必ずしも国文法を熟知しているわけではないということですね。
 ボランティアですが日本語を教える我々が正しい日本語をプロの先生方の講義を聞いたりして学べる立場にいるのは幸いかな、と思います。

 話が逸れますが、ドラマの中で「それはうまい便乗商法ですね」に対して「あやかり商法と言え」という面白いセリフのやり取り場面がありました。
 このような印象を変える言い換え、これは文法知識ではなく知恵ですね。

 私も仕事上で「しまった、忘れてた!」ということがあって言いわけがひねり出せず正直に言うしかないな~という時、メールでは「忘れていました」ではなく「失念していました」と書くときがあります。
「忘」より「失」という漢字の方が過ちが緩和されるような印象を受けませんか?

 これも表現上のことですが、「できません」は「いたしかねます」とていねいな表現に変えればつっぱねた印象にならず、検討したんだけどできないんですよ、という感触にならないでしょうか。

 つくづく、日本語は表現方法が豊富でよかったな、と思います。
ばってんT村でした。

やさしい日本語2017/01/02

 新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお付き合いください。

 さて、昨年の話になりますが10月に講師をお招きして「やさしい日本語講座」をやっていただきました。
その講座の中で「やさしい日本語」という岩波新書からの引用があり紹介もされていましたので買って読んでみました。

 一言で言いますと、日本在住の外国人には共通言語として「やさしい日本語」を使うべき、という趣旨で書かれたものです。

 日本在住の外国人で母語以外に一番わかる言語は何か、という問いにたいして、日本語と答えた人が60~70%、英語は30~40%という調査結果があります。
 また、日本在住の外国人は約210万人いますが、11の国と地域で90%を占めます。そのうち英語を母語あるいは公用語として使用している国はアメリカとフィリピンの2か国しかないのです。

 このことからも日本では、在住外国人にとって英語は共通言語になりにくい、ということが言えます。
 つまり、複雑な日本語がわからない人にも理解できるようなやさしい日本語でコミュニケーションしましょう、ということです。

 この「やさしい日本語」に関連すると思いますが、昨年末に次のようなニュースがありました。
 
 災害時に避難の要否を連絡するレベルに「避難準備情報」「避難勧告」「避難指示」の3段階がありますが、このうち「避難準備情報」を「避難準備・高齢者等避難開始」と呼称を変更した、というものです。

 これは昨年、台風10号が東北・北海道を襲った時、岩手のある地域に「避難準備情報」が発令されました。この情報を見て、準備だけで避難は不要、と思い込んだグループホームで高齢者が被災し入居者全員が亡くなったという事故を受けてのことです。

「避難準備情報」とは「一般の人は避難の準備、高齢者・子供・身障者など避難に時間がかかる人達は避難開始」という2つの意味を含んでいたのです。

 このニュースを見て、相手の立場に立って考える、ということが欠けているまさしくお役所仕事だったのだな、と感じました。
まず、一つの用言に2つの意味を持たせること自体が「やさしい日本語」ではありません。

 それと難しい漢字の羅列、変更後の「避難準備・高齢者等避難開始」にしてもオール漢字。
 これでは外国人に理解してもらうのは無理でしょう。また高齢者等の「等」は高齢者以外の誰を指すのか? 想像はつくでしょうが、緊急時に読み手に考えさせたり判断させたりするような内容は適切ではない、と感じました。

 私が思うに、上記の3段階の発令ですが、身の安全を考えれば結局どの段階でも避難することになるのです(遅かれ早かれの差はありますが)

 であればどの段階であろうが「みなさん、逃(に)げてください」の一言を発令すればそれでこと足りることではないでしょうか?
 3段階にレベル分けしたところに、日本人の親切心や刻一刻と変わる情報を詳しく伝えたいという思いがあることは理解しますが、命にかかわることですのでこのくらいシンプルでいいのではないかと思うのです。
 結果的に避難は必要なかったとしても、後から自治体に文句を言う人はほとんどいないでしょう。
 
 この本のまとめにも
・一文を短く
・結論を先に
・図やイラストを活用する
・文末を統一する
などが書かれています。
  
易しい(優しい)日本語を使ったり教えたりすることは日頃から意識していないとすぐには出てこないものだなと思いました。
ばってんT村でした。

へんな日本語2016/12/04

 先日、「へんな日本語」というタイトルの本を買いました。
ありがちで間違いやすそうな表現をいくつか紹介したいと思います。

・とんでもございません
 「とんでもない」というひとくくりの形容詞なので「ない」の部分を「ございません」に勝手に変えてもおかしな丁寧語になります。
でも、もう普通に使われていて違和感もありません。

 一方、「申しわけない」はもうしわけ+ないという組み合わせなので、「ない」を「ございません」に変えて丁寧な表現にしても不自然ではありません。
 著者曰く、間に「が」をいれて自然かどうかで見分ける。とんでも(が)ない、は言えないが、申しわけ(が)ない、は言える。

・ひとだんらく
 仕事がひとだんらくした、ではなく「いちだんらく」が正しい言い方です。一休み(ひとやすみ)、一苦労(ひとくろう)などに引っ張られてまちがっているのではないか、と書かれていました。

・「および」と「ならびに」
 ボールペンおよびシャープペンシル、ボールペンならびにシャープペンシル
どちらが正しいでしょうか? 同じじゃないの、と思っていましたが使い分けがあるようです。
 似たジャンルの物事を並べるときには「および」、異なるものを並べる場合は「ならびに」です。ですから上記の場合は「ボールペンおよびシャープペンシル」が正解となります。

 「もしくは」と「または」の使い分けについても書かれています。
ただ、このように使い分けたほうが望ましいというレベルで絶対的な文法ではないそうです。

・「いただく」と「くださる」
 では、この使い分けは?
お越しいただきありがとうございます。
お越しくださりありがとうございます。

 こちらから頼んで来てもらったら、「いただき」、相手が自発的に来た場合は「くださり」とのこと。
 講師に講演などを頼んで来てもらったら「お越しいただきありがとうございます」、予約した客が来た時のレストランスタッフは「お越しくださりありがとうございます」と言うわけです。

 使い分けの理由も書いてありましたが、そう厳密ではなくどちらでもいいそうです。ただ、違いを理解して使い分ける方がもちろんいいですよね。聞かれたときにも答えられるしクイズネタにもなるし。

 そのほか、敷居が高い、役不足、煮詰まるなどの誤用についても書かれています。

 本屋に行きますとこの手の類似本が何種類もあって、結構読んでみると面白いし役に立ちます。最近、たまには本屋にGO!でパラパラ立ち読みして気に入ったら買っています。
 ばってんT村でした。

長崎弁講座2016/11/06

 オリーブで開催した関西弁講座がたいへん好評でした。
そこで今回のブログでは趣向を変えて私の故郷である九州の長崎弁講座をやってみたいと思います。

 九州とひとくくりに言っても、関西弁と同じように地域によって方言も少しずつ違ってきます。私の出身地は長崎ですが、ここは九州の西部地方(長崎、佐賀、熊本)の方言に属します。

では、さっそく長崎弁の例文を見てみましょう。

A:そん顔、どがんしたと?
B:かみさんのくらしたと。えすかった~。
A:なしてくらされたと?
B:宝くじば100枚もこうたばってん、いっちょん当たらんかったけん。
 そいば言うたら、「なしてそがん無駄使いすっとね!」ってはらかいてくさ。そいでくらされたとばい。
A:そがんことすっけんたい。宝くじ、ごっといはずれとったい。

これを標準語に直すと

A:その顔、どうしたの?
B:妻が殴ったんだ。怖かった~。
A:なぜ殴られたの?
B:宝くじを100枚も買ったんだけど、ひとつもあたらなかったからさ。
 それを言ったら、「なぜそんな無駄使いするの!」って腹を立てて。それで殴られたんだ。
A:そんなことするからだよ。宝くじ、いつもはずれているじゃないか。

 いかがですか?
主な文法上の特徴は次のようになります。これらは会話に頻繁にでてきますので覚えておきましょう。

1.主格を表す助詞に「の」を多く使う  かみさんが→かみさんの
2.終助詞に「ばい」「たい」を使う 
3.対象を示す助詞に「ば」を使う  宝くじを→宝くじば
4.理由を表す助詞に「けん」を使う 当たらなかったから→当たらんかったけん
5.逆説の接続詞に「ばってん」を使う

 はい、助詞に大きな違いがあることがおわかりになると思います。特に「の」は主題を表す「が」の代わりに頻繁に使います。
 「犬のえさを食べた」は「私は空腹のあまり犬のえさを横取りして食べた」という意味ではなく「犬がえさを食べた」のことです。
で、修飾を表す場合は「の」よりも「ん」を使います。誰の本ですか?→誰ん本ね?

その他の特徴として
6.形容詞、形容動詞の語尾は「か」になる。 
 高い→高か、きれいな→きれいか
 さらに語尾がカ行の場合、促音化してしまう。 
 高か→たっか、低か→ひっか
7.動詞の「る」が促音化する  
 する→すっ なにをするのですか?→なんばすっとですか?
 来る→来っ いつ来る?→いつくっと?

 いかがでしたか? 文法的な傾向はつかめたと思います。
でも純粋な方言や言い回しは覚えるしかありません。「殴る」を「くらす」、「怖い」を「えすか」、「いつも」を「ごっとい」と言われても、何?って感じですよね。

 また機会がありましたら第二回目をやりたいと思います。
ばってんT村でした。

漢字ミュージアム2016/09/25

 京都にある漢字博物館というところに行ってきました。日本初で今年の6月にできたばかりです。

 1、2階あり見るだけでなく、「聴く、触れる、遊ぶ、学ぶ」ことができるようになっていてけっこう楽しめます。来場者は子供連れの親子が多かったです。
 入口で入場料を支払うと体験シートというものをくれます。内容をそのまま書きますと、
「01甲骨文字占い、02 金印スタンプ、03 万葉仮名で名前を作ろう、04 もとの字スタンプ カタカナ編 ひらがな編、05 漢字で国名 この国、どう書く」
となっていて各テーブルを回って体験することができます。

 入って最初は、漢字の成り立ち、漢字からカタカナ、ひらがなができた過程などを8分ほどにまとめた映像が上映されるコーナーがありますのでそれを見るとよいでしょう。

 個人的に一番興味深かったのは本物の甲骨文字が見られることです。甲骨文字が刻まれた本物の甲骨が2階に展示してあります。3,000年以上の時を経たとは思えない鮮明さでした。

 それと、展示だけの紹介でしたがここで初めて知ったのは「日中韓共同常用漢字808字」といわれるもの。これは三国で共通して使用される頻度の高い漢字を抽出し普及させ相互理解を深めようという目的のもので、三国で会議も開催されているらしいです。

 同じ漢字でも日中で意味が違うものがあるのはご存知のとおりでその解説も必要でしょうね。また韓国はハングル文字により漢字離れが進んでいます。これを機会に昔のように、漢字教育も盛んになるとよいなと感じました。

 もうひとつ見どころは入場せずとも立ち寄れるお土産屋。漢字にちなんだ物も置いてあります。
 ここで大型液晶パネル6枚を屏風に見立てて祇園祭りを映像とCGで紹介しているのですが、これが綺麗で見ごたえがあります。スタッフさんがいて鉾や山の解説もしてくれます。横には実物大に再現した鉾も飾ってあります(車輪は長年使用された本物から持ってきたとのことです)

 「漢字博物館」で検索すれば、詳細はホームページで見ることができます。場所は祇園、八坂神社の西楼門の前の四条通りを入ってすぐ、ローソンの横です。
興味ある方は一度訪ねられてはどうでしょうか?
ばってんT村でした。
★コメント・トラックバックは内容確認後公開しております
★オリーブホームページはこちらからどうぞ!