★オリーブホームページはこちらからどうぞ!

語彙力も有段者2018/06/30

将棋に縁のない方でも史上最年少でプロ棋士(今年の4月から高校性)になって連勝記録を更新した藤井七段は、マスコミに大きくとりあげられていることもありご存知のことと思います。

 

 実は藤井七段は将棋だけでなく、語彙力も有段クラスなのです。過去にもマスコミからの取材に対して「僥倖としか言いようがない」などと受け答えしています。

 

 僥倖(ぎょうこう)という単語、多くの人にとって、読みも書きもできないなじみのない用語だと思います。意味は「思いがけない幸運。幸運を待つこと」ですが、普通の人なら「ラッキー」の一言で表現するのではないでしょうか。

 

 ある雑誌にも、藤井語録として、いくつもの実例が挙げられていました。

茫洋(ぼうよう)―――「茫洋としてなかなかとりづらい」

奏功(そうこう)―――「積極的に指す方針が奏功したと思います」

節目(せつもく)―――「節目の数字になって感慨深い」

望外(ぼうがい)―――「望外の結果なので素直にうれしい」

 

これら以外にも「稀に見る」「途轍もなく」「兼ね合い」「畏れ多い」など、特に難解・難読な用語ではないのですが、ちょっとした言い変えで表現力の豊かさが感じられます。

節目は、「ふしめ」以外に「せつもく」とも言い表せるとは恥ずかしながら私は知りませんでした。

 

 自分が中学生の頃、こんな言い回しはできなかったですよ。今でこそ用語としては知っていますが、とっさには使えません。

 

 では、藤井七段はどのようにしてこの豊富な語彙力、文章力を蓄えたのか?

母親が歴史小説好きで、その影響で小さいころから活字に親しんでいたとのことで、新聞にも毎日目を通しているそうです。


やはり親の影響は大きいものです。親が本好きだと、大体子供も読書好きになります。

お気に入りの小説のひとつは、沢木耕太郎さんの「深夜特急」とのこと。

 


この小説をあらためて読んでみると、例えば、旅の途中のマカオで博奕にはまった場面、

「灯りがつく瞬間のゾクッとするような快感が、これ以上やると博奕の魔力に搦めとられてしまうかもしれないという危惧を抑え込んでしまった。」と書かれたページがあります。

 

搦(から)めとられる、というような表現や危惧という単語が出てくる小説を小・中学生時代に読んでいたのですね。

 

愛読書も同じ、新聞も毎日読んでいる私ですが、幅広い用語の使い方には遠く及びません。

ばってんT村でした。

 

気になる表示2018/05/06

スマホで簡単に写真が撮れるようになり、面白い対象を見つけるとついシャッターを押してしまいます。

 

 今回はいくつかをランダムに紹介したいと思います。

えっと驚くマイナス表示、これは最近中国の出張先で泊まったホテルのエレベータの押しボタンですが、-1とは?

 ボタンの位置から見て多分地下1階のことなのでしょう。通常、地階はB1B2のように表示されます。

 


 次に、これは私が住んでいるマンションのエレベータ内のボタン表示です。最初はこのペットと書かれたボタンの意味がわかりませんでした。

後から知ったのですが、ペットを抱えた住人がエレベータに乗って行先階とこのボタンを押すと、エレベータ乗り場のところに「ペット」と表示されるのです。それにより、ペットを持った人や動物が苦手な人に知らせることで同乗を避けるようにできるという工夫のようです。

 日本らしい細やかさです。

 


トイレ内の表示も様々ありこんなおもしろいものもあります。これは関西空港のトイレにあった表示です。今時、中腰や逆向きで利用する人はいないと思うのですが。相当な筋力とバランス力を要しますよね。

 


 それより気になったのは同じトイレ内の蛇口の表示部分。右側のボタンは押せば水が出る、ということが絵で想像がつくのですが、左側ボタンは湯・水の漢字が読めない外国人にはこの切り替えボタンの意味がわかりません。

 便座の使い方は注意書きはなくてもイラストで一目瞭然、それよりこの水道蛇口横のボタンに最低英語併記してくれた方が親切なんじゃないかなと思いました。

 


 京都駅の自動販売機の三か国語表示です。丁寧にブラックには無糖とまで書いてあります。ここでも少し気になったのは「つめた~い」の日本語。

暖かい飲み物には「あったか~い」と書いてありましたが、これまた日本語を読めない人にはわからない。勘のいい人なら赤と青の色表示でわかるかもしれませんが、hotcoldを併記してあればさらに親切だったかなと。

 


 日本の自動販売機は優秀でして、1台の自販機で冷たいものと暖かいものを同時に販売することができます。春・秋の季節がそうです、日本人でも間違って押してしまうことがあります。

 

 トイレ内の表示やJR駅の自動券売機の頭上に掲げてある駅名と運賃を書いた路線図もですが、外国人の目線で見ると日本語表記だけでわからない、と気づくことが多々あります。

 訪日観光客を東京見て次は京都というゴールデンルート以外に地方まで勧誘する動きがありますが、このような細かなところにも気を配っていくべきでしょうね。

 

 話は変わりますが、このブログで3月に紹介した翻訳アプリですが出張で行った中国で試してみました。

 


 中華料理屋でビールを頼むときにスマホに向かって日本語で言って、これを見せました。実は中国ではビール、とだけ言って注文するとほとんどの場合、冷えていないものが出てきます。

 

 再翻訳を見るとフローズンビールとなっているのですが、この漢字は凍っている、の意味なんでしょうか?

これを見た店員は「アァ~」と言って冷えたビールを持ってきたので通じてはいたようです。ちょっとしたことを言いたい時に確かにこのアプリは便利です。

ばってんT村でした。 

VoiceTra2018/03/25

ご存知のようにパソコン、スマホでは世界的にgoogle翻訳が普及し使われていますが、国産の便利な翻訳アプリもあるのです。

 

日本のNICT(情報通信研究機構)という研究所が作った翻訳アプリがiphoneでもアンドロイドスマホでも無料でダウンロードできます。

 


Googleのように手書きやカメラ画像からの翻訳まではできませんが、研究者は「翻訳精度はgoogleと互角、部分的には勝っている」と自負されています。

現在、31か国語対応で、音声認識で翻訳できるのはそのうち23言語です。

 

逆にGoogleにはない機能がひとつありまして、それは逆翻訳です。例えば日→英と翻訳した後、その英文を再度日本語に翻訳してくれます。

言った言葉が正しく伝わっているかが確認できるということなのです。これは便利だと思います。

 

受け持ちの生徒さん(中国語、ベトナム語)で試してみましたが、簡単な短文ですが正しく翻訳していました。


日本語音声→ベトナム語



ベトナム語音声→日本語


中国語音声→日本語


それと、ちょっと試しにタイ語→日本語を私がやってみました。「氷」という意味のタイ語を音声で入れたのですが、何度やっても正しく日本語に訳してくれないのです。


で、タイ人の生徒さんに同じことをやってもらったところ、一発でちゃんと「氷」と翻訳したのです。う~ん、やはりタイ語は発音が難しいのか、正しい発音でないと機械は聴きとってくれないようです。

 

現地では「氷は入れないでください」と言ったらちゃんと通じたのに…。

これは多分、外国人の下手な発音でもそういう状況(レストランで飲み物を注文した時)で言ったら、その意味だなと相手が判断してくれているということですね。

 

ここが機械翻訳と生身の人間がその場の状況を加味して解釈する、違いだと思いました。

まさか、現地の人が発音が違いますよ、とまでは指摘してくれませんので、やはり外国語はネイティブの先生について勉強するのが大事だな、と感じました。(あるいは指摘してくれる人を持つか)

 

VoiceTraの使い方は簡単です。国内で海外からの旅行者と簡単な会話をしたり、逆に海外で使ったりするような場面で便利だと感じました。無料なので一度試されてはいかがでしょうか。

ばってんT村でした。


ベトナムの風に吹かれて2018/03/11

今年に入って紙で読んだ2冊目の本だと思います。ちょっと紹介を。

 


ベトナムで日本語教師をしている女性が、認知症の始まった母親をベトナムに呼び寄せていっしょに生活する様子を描いた実話です。

3年ほど前に映画にもなっています。

 


原作はもう10年ほど前に違う題名で出ていたものです。著者は本人でプロの小説家ではありませんので、日記風に淡々と地味に語られていて、ヒットを狙って書かれた小説のような面白さはあまりないかもしれません。

 

ただ、高齢の親がいる私のような世代の者には真実感があってどうなることやら、などと思いながら読んでいました。

 生活されているハノイや母親を連れて旅行されたホーチミン、ニャチャン、ダラットなどでの様子も書かれていてベトナムを訪れた方なら場面が思い浮かぶかもしれません。

 

カトリーヌ・ドヌーブが映画「インドシナ」の撮影中に通っていたカフェに母親を連れて行く場面もありましたが、私も「ここか?」と見落としてしまいそうな何の変哲もない小さな店だったことを読んでいて思い出しました。

 

ベトナム語のエピソードではoi(オーイ)のところでしょうか。初めて知ったのですが、人を呼ぶときにベトナム語では「オーイ」と言うらしく日本語と似ているんです。

 

母親が行方不明になってしまうエピソードがあるのですが、バイクタクシーが客引きのために「オーイ」と言うのを聞いて自分が呼ばれていると思い乗ってしまったのではないか、と著者は推測していました。

 

映画ではハノイの大学で日本語を教えるシーンがいくつかあって、相手を「おもう、ひかれる、したう」など感情の違いを説明する場面などがありました。大学生相手だと込み入ったことも教えるんですね。

 

オリーブで今私もベトナム人生徒さんを教えていまして、挨拶はどう言うのか聞いてみました。

「チャオ」と言うくらいは知っていましたが、「年上、年下、男女によってその後に付けることばが違います」と言われました。

年下の彼らには「チャオ・エム」でした。

 

いい機会なので私も簡単なベトナム語をいくつか覚えようかな、と思います。

ばってんT村でした。



オトングラス2018/02/13

 こんなものができたんだ~ということをあるテレビ番組で知りました。

 OTON GLASS(オトングラス)と言います。簡単に言いますと、メガネなのですがこれをかけると視野に入る文字を読み上げてくれるというもの。

 失語症で読む能力が低下した父親のために考えたと若い開発者の方が言っていらっしゃいました。

 今、スマートフォンにはメールやWEB上の文字の読み上げをやってくれる機能はあり珍しくはありませんが、これをメガネに仕込んだんですね。

 メガネに内蔵された小型カメラで文字を撮り込み、これを瞬時にネットへ送って文字認識し読み上げそれをイヤーフォンで聞くというしくみ。
ネットにつながっていることが必要ですが、今はどこにでも電波は飛んでいますから問題はありません。

 全盲の方が使用されているところが紹介されていました。自分宛てに来た手紙を読んだり、街中の看板や自動販売機で売られている飲料ボトルの文字を読んだりレストランのメニューを読んで注文したりと、それまでできなかったことができるという喜びを語られていました。

 個人的には何よりも本が読めるのが、ほんとうに嬉しいのではと思います。

 さらにすばらしいのが、外国語も読めること。英文をそのまま、あるいは翻訳して日本語で読み上げることもできます。ただ、翻訳は例の機械翻訳なのでちょっと不自然なところがありますが… 

 実はこれ、視覚障がい者や読字障がい者だけでなく、日本語を読みたい外国人にも役に立つのです。何せ漢字を読んでくれますからね。

 日本語で書かれた表示や説明書を読んだり、各種申込み書に記入したりする場合などが想定されます。
 
 でもそれだと日本で生活している外国人は漢字を勉強してくれなくなるかな、と思ったりもします。

 ちなみにオトン(OTON)とは開発者の命名で、おとん(父親)と「音」を掛けたことばとのことです。

 オトングラスで検索すればネットでどんなものかもっと知ることができますので、興味のある方はどうぞ。写真はそのWEBページからのものです。
ばってんT村でした。

日本語は天才である2018/01/28

 前回に続いて本の話になりますが、おつきあいのほどを。
 今年、マンガ以外で初めて紙で読んだ本です。新聞か雑誌に載っていたので、おもしろそうなタイトルでもあり買って読んでみました。

 一部を紹介します。

 著者は英文小説の翻訳家ですが、翻訳者の目から見て「日本語は天才だ」と言っているのです。

 そう確信したというエピソードが2つほど書かれていましたが、次のような概要です。翻訳作業の文中に出てきた事例とのこと。

 早朝、太陽が昇ってきたら、まだまんまるのお月さんがいました。それを見て太陽が、こう声をかけました。
「You are a Full Moon」

ところがこれを聞いたお月さんはなぜか怒り出しました。
「You are fool, Moon」と聞き違えたからです。

 この文章をそれぞれそのまま訳せば「やあ、満月さん」と「やあ、バカなお月さん」となります。
 でもこれでは、原文のfullとfoolの聞き違えの部分はまったく伝わらないことになります。

 著者は考えぬいて、日本語でも聞き違いでこの両者の意味に解釈できるよう翻訳したのです。

 もう一つの事例。
O note the two round holes in onion.
普通に訳せば「おお、タマネギの2つのまるい穴に注目せよ」となります。

 でもonionという単語にまるい穴(アルファベットのo)が2つあるという、おかしさが訳されない。
 これがフランス語への翻訳ならタマネギはoignonなので訳せるが、イタリア語、スペイン語のタマネギにはoが1つで無理、ドイツ語、ロシア語にいたってはoが付かないのでまったく無理。

 著者は、これをなんとか日本語に訳そうと2日、3日考え続け、ふっとひらめいた。…

 この2つの事例から著者は「日本語は天才である」と確信したそうです。
 著者は日本文学、古文、漢文にも明るく著書にも引き合いや事例でたくさん出てきます。

・平和なことば・日本語
・「お」の変幻自在
・シチ派 VS. ナナ派 真昼の決闘
・四十八文字の奇跡
と題された各章もたいへん興味深く、おもしろい内容でした。

 特に四十八文字を一回だけ使ったいろは歌を複数作られていて、それらが紹介されているのですが、こんなに簡単に作れるのか(実際は苦心されたのかもしれませんが)、と感心しました。

 ちなみに、表紙に猫が描かれているのは、著者が半猫人(半病人?)と自称するほどの愛猫家であるからだと思います。この辺のことも書かれています。

 前述の2つの事例をどう日本語に訳されたか、はこの本を読んでくださいね。

 私は読み終わりましたので、興味のある方にはお貸しします。ローカル情報になりますが、草津図書館にも置いてありますよ。

ばってんT村でした。

電子書籍のその後2018/01/13

 「電子書籍 米で販売減」という記事が先週の新聞に載っていました。

 アメリカで電子書籍用端末が登場したのが2006年、その後右肩上がりで販売が拡大してきたが、2014年をピークに減り続けている。それと反比例してペーパーバック(日本でいうと文庫本)の売り上げが持ち直してきている。

 理由として、2015年に出版社が値上げしたことと、タブレット端末などを長時間使うことによる「デジタル疲れ」があるのではないか。
 一方、日本では事情が異なり、今でも紙の書籍や雑誌は減り続け電子書籍は拡大している。

と…以上のような概要でした。

 私事ですが、2か月ほど前から「楽天マガジン」という電子版の雑誌を購読しています。
月360円で200誌以上が読み放題というものです。1年分を先払いすれば月300円。

 最初知った時は、どうせサンプルページかダイジェストをチョコっと載せて、あと読みたければ購入してね、というよくあるパターンじゃないの?と思ったのですが、申し込んでみて驚愕。
 
 すべて紙の雑誌と同じものを読めるのです(一部読めないページや表示されない写真はあり)

 週刊誌、女性ファッション誌、スポーツ・趣味、暮らし・健康、グルメなど多岐にわたります。複数台の端末OKなので家ではパソコン、外ではタブレットで読むということもできます。スマホでは画面が小さくてさすがにちょっと見にくいです。

 1年分のバックナンバーも読めて、ダウンロードもできてと至れり尽くせり。愛読している雑誌がこの中に1冊でもあれば十分すぎるほど元が取れてしまいますね。

 けっして宣伝するわけではないですが、読書好きにはこのコストパフォーマンスの良さは魅力です。
 タレントの渡辺直美がCMをやっているdマガジンというのも同類の電子版雑誌です。

 ここまでやられると紙の雑誌が売れなくなるはずですよね。
でも小説などはやはり紙のページをめくりながら、というのがいいです。電子と紙を使い分けているのが私の現状です。
ばってんT村でした。

茶の間2018/01/01

明けましておめでとうございます。お正月、いかがお過ごしでしょうか?
 
 自宅で家族そろって団らんというご家庭もあるかと思います。冬なら茶の間でこたつに入ってみかん食べながらテレビを見る、というのが定番の過ごし方だと思いますが、この「茶の間」という言葉、今や絶滅危惧単語ではないでしょうか?

 テレビで「お茶の間の皆様」とアナウンサーが言っていたのは遠い昔のような気がします。
 最近の住宅は、フローリングの床(カーペットも敷いて)にソファーやテーブルを置いた「リビング」になってしまっていますので、それを茶の間と言われても言葉と実体が合っていない感じです。

 このようにすでに実体と合わなくなった単語、探してみると他にもいくつかあります。

・下駄箱、筆箱
 下駄箱に入れるのは下駄でなく靴で、筆箱に入れるのは筆ではなくペンです。この2つは相変わらずそのまま使っている気がしますが、どうでしょう?

・歯磨き粉
 昔は確かに粉がありました。今、何と言っていますかね? 単に歯磨き、あるいはペーストって英語で言っているようです。

・網棚
 電車の網棚、昔は本当に網だったようですが、今は金網やパイプ、あるいはプレート状になっています。JRでは荷物棚と言うようになっていますが、今でも網棚と言っている私鉄もあるようです。

・つり革
 電車やバスにあるものですが、今は革ではなくビニールやナイロン、プラスチックでできています。
 でもこれもそのまま使っています。「つり手」と呼ぶ場合があるようですが、これだと何だか格闘技の決め技のような響きがありピンときません、やはり「つり革」がしっくりくるような気がします。

・絵はがき
 これは微妙。観光地に売っているはがきは絵はがきではなく「写真」はがきです。でも実際に絵を描いたり、イラストを載せたりするので「絵」はがきは健在ですかね。

 言葉は時代と共に変化するものですが、実体と違ってきても生き残る単語もあるようです。
 
 皆さんも他にこのような言葉がないか探されてはどうでしょうか。
ばってんT村でした。

天使突抜2017/12/17

 テレビ番組で、日本国内の難読地名、おもしろ地名を紹介する特集をやっていました。
 日本全国に難読地名はたくさんあって、まずよそ者にはまともに読めません。

 私が興味深かったのは難読地名よりワケありのおもしろ地名の方です。滋賀県で紹介されていたのは「途中」
 確かに大津市に途中町があります。

 テレビレポーターが、乗り込んだ路線バスの運転手に「このバスの終点はどこですか?」と問うと運転手さんが「途中です」と答えるオチなのですが、そんな珍しいかな?と思って見ていました。

 それより私が知っている滋賀県の地名の方がおもしろいと思うのですが…
 その一つが守山市にある「浮気町」。「うわき」ではなく「ふけ」と読みます。
 ちゃんと歴史的な由来があるようです。浮気保育園という保育園もあるんです。

 それともう一つは栗東市にある「綣」、そのまま「へそ」と呼びます。地元にあるスーパー「へそマート」っていう看板には失礼ながら笑ってしまいました。
 また地名とは関係ないですが、そのすぐ近くに「なおる堂」という薬局もあったんです。
 車で通るたびにいいネーミングだな、と思っていましたが、残念ながら、もうどちらも今はありません。

 この番組で一番印象的だったのは京都にある「天使突抜」。
 「てんしつきぬけ」、このような摩訶不思議な地名があることは知りませんでした。
 実際に行ってきました。普通の民家がある通りなのですが、京都ですから当然、歴史的な由来があります。

 天下統一を成した豊臣秀吉が都市改造計画で、ここに新たな通りを造成しました。その経路途中にあった五条天神宮の境内をも無理やり通してしまったのです。

 そこで地元の人が「天使様を突き抜けてまで道を造るか」と怒りと皮肉を込めて地名にしたとのことです。
 現在の五条天神宮はと言うと、周囲をビルと民家に囲まれてひっそり佇んでいました。

 京都には他にも歴史的由来の地名はたくさんあって例えば「悪王子」なんてのもあります。地名の由来も調べるとおもしろいかもしれませんね。
 ばってんT村でした。

主語は?2017/12/03

 先日、日本語の授業でこんなことがありました。
三択の練習問題で
・傘を(持って、持たないで、持ちながら)出かけたので、濡れてしまいました。
というもの。

 しばらく考えて生徒のTさんから出てきた答えは「持って」 
私が違うよ、というと次は「持ちながら」と言ってきました。
 
 決して文章を理解していないわけではありません。
「Tさんは傘を持っていません。外を歩いている時に雨が降ってきました。Tさん濡れますよね?」
と言うと、彼は「雨が降って傘をさしたら傘が濡れます。」

 そんな意味の問題文はありえないのですが、そう解釈したのか…
「濡れる」の主語は傘ではなくあなたです、ということを説明したら「意味を間違っていました」とわかってくれました。

 主語が省略できる日本語ならではの勘違いですが、慣れないと外国人にとっては難しいのかもしれません。

 内容は違いますが、先週の新聞に「中高生 読解力ピンチ」という記事がありました。要旨を引用します。

 最近、主語と述語の「係り受け」など、文章の基本的な構造を理解できていない中高生が多くいると見られる。

 25,000人の中高生を対象にした調査で
「幕府は、1639年、ポルトガル人を追放し、大名には沿岸の警備を命じた」と
「1639年、ポルトガル人は追放され、幕府は大名から沿岸の警備を命じられた」
この2文は同じ意味かどうかを尋ねたところ、「同じ」と誤答した中学生が約43%、高校生が約28%いた。

 もう一例。
「仏教は東南アジア、東アジアに、キリスト教はヨーロッパ、南北アメリカ、オセアニアに、イスラム教は北アフリカ、西アジア、中央アジア、東南アジアにおもに広がっている」を読んで、オセアニアに広がっている宗教を「キリスト教」と答えられなかった中学生は約38%、高校生は約28%だった。

 以上が記事の内容だったのですが、こんな調査結果を見ると、今や日本人の方こそ読解力が怪しくなってきているのだな、と思いました。やはり文字離れが原因なのでしょうか?

 ただ、二つ目の宗教の例文は一読ではわかりにくいです。こんなダラダラ長文、会社の報告書などに書いたら「わかりにくい、書き直し」の一言ですよ。

 これは教科書から引用した文章と書いてありましたが、教科書執筆者の方ももう少しわかりやすく書く工夫がほしかったな、と違うことも考えてしまいました。
 ばってんT村でした。
★コメント・トラックバックは内容確認後公開しております
★オリーブホームページはこちらからどうぞ!