★オリーブホームページはこちらからどうぞ!

主語は?2017/12/03

 先日、日本語の授業でこんなことがありました。
三択の練習問題で
・傘を(持って、持たないで、持ちながら)出かけたので、濡れてしまいました。
というもの。

 しばらく考えて生徒のTさんから出てきた答えは「持って」 
私が違うよ、というと次は「持ちながら」と言ってきました。
 
 決して文章を理解していないわけではありません。
「Tさんは傘を持っていません。外を歩いている時に雨が降ってきました。Tさん濡れますよね?」
と言うと、彼は「雨が降って傘をさしたら傘が濡れます。」

 そんな意味の問題文はありえないのですが、そう解釈したのか…
「濡れる」の主語は傘ではなくあなたです、ということを説明したら「意味を間違っていました」とわかってくれました。

 主語が省略できる日本語ならではの勘違いですが、慣れないと外国人にとっては難しいのかもしれません。

 内容は違いますが、先週の新聞に「中高生 読解力ピンチ」という記事がありました。要旨を引用します。

 最近、主語と述語の「係り受け」など、文章の基本的な構造を理解できていない中高生が多くいると見られる。

 25,000人の中高生を対象にした調査で
「幕府は、1639年、ポルトガル人を追放し、大名には沿岸の警備を命じた」と
「1639年、ポルトガル人は追放され、幕府は大名から沿岸の警備を命じられた」
この2文は同じ意味かどうかを尋ねたところ、「同じ」と誤答した中学生が約43%、高校生が約28%いた。

 もう一例。
「仏教は東南アジア、東アジアに、キリスト教はヨーロッパ、南北アメリカ、オセアニアに、イスラム教は北アフリカ、西アジア、中央アジア、東南アジアにおもに広がっている」を読んで、オセアニアに広がっている宗教を「キリスト教」と答えられなかった中学生は約38%、高校生は約28%だった。

 以上が記事の内容だったのですが、こんな調査結果を見ると、今や日本人の方こそ読解力が怪しくなってきているのだな、と思いました。やはり文字離れが原因なのでしょうか?

 ただ、二つ目の宗教の例文は一読ではわかりにくいです。こんなダラダラ長文、会社の報告書などに書いたら「わかりにくい、書き直し」の一言ですよ。

 これは教科書から引用した文章と書いてありましたが、教科書執筆者の方ももう少しわかりやすく書く工夫がほしかったな、と違うことも考えてしまいました。
 ばってんT村でした。

吹き替え?2017/10/08

 毎日のようにテレビCMで流れるあの「ホテル?ト〇〇ゴ」に出てくる女性。流暢な日本語なので最初は日本人が吹き替えしていると思い込んでいました。

 でも、何回も見ていると、どうも日本語と口の動きがぴったり合っているのでこれは本人がしゃべっているんだ、と気づきました。ほとんど日本人の話す日本語です。

 ネットに出ていた情報ですが、ナタリー・エモンズさんというアメリカ人。きっかけは日本人の友人と話しているうちに日本に興味を持ったということと、映画「千と千尋の神隠し」を見て感銘を受けた影響が大きかったとのこと。

 日本で働きたい、という目的で来日して数年前までは大阪のUSJで働いていたそうです。日本語はそこで覚えたため、最初は関西弁だったようです。
 このCMでは自然な日本語に聞こえるようにかなり練習したそうです。

 このナタリーさん以外にも、某たばこ会社や某メーカの洗剤のCMに出てくる外国人女性の日本語が上手なこと。
 男性でも、厚切り何々とかいうアメリカ人もよくテレビで見ます。ただタレントが本業ではないそうです。

 一昔前までは、外国人を使ったCMといえば有名なハリウッド俳優を連れてきて英語か撮影前に憶えさせられた日本語を一言しゃべって終わりというパターンでした。
 それが今や日本語を自ら勉強してしゃべってくれるのですから日本に魅了される外国人が増えてきたということですね。
 喜ばしいことです。

ばってんT村でした。

2017/09/10

 新聞で読んだおもしろい記事でしたのでそこからすこし引用しました。

 築地市場の移転問題で、盛り土(もりど)という言葉が浸透したようだが、「もりつち」が正しい読み方である、広辞苑にも「もりつち」しか載っていない。
という内容でした。

 確かに「もりど」だと湯桶読み(訓+音)で変則的になります。ですが、語感や言いやすさを考えると、やはり「もりど」ではないか?

 さらに続きがあって、肉は「にく」と読みますが、これは音読みである、ということが書いてあったのです。「にく」で意味がわかるのだから、私はてっきり訓読みと思っていました。

 したがって、訓+訓の読みの法則でいくと、豚肉は「とんにく」で、鶏肉は「けいにく」ということになります。また肉汁も「にくじる」ではなく「にくじゅう」が正しいということになります。

 ただ、この言い方では何の意味か頭の中でパッと連想できませんよね。と言うか、肉であることすらわからない響きです。
 あいにく(生憎)のような形容動詞か副詞の一種でどこかの方言かな、と勘違いしてしまいそうです。

 平成になって、広辞苑でも「ぶたにく」「とりにく」を認めたそうです。

 では肉の訓読みは何と言うのか?
「しし」という説と訓読みはない、という二つの説があるそうです。確かに日常では「しし」は使いませんが、小説などでは時々お目にかかります。

 中国から漢字を輸入してきて、日本語に合わせた訓読みを付け加えた時点から日本人は複数の読みを覚えなければならないわけですが、初めて漢字を勉強する外国人にとっては最大の課題となるわけですね。学習者の皆様、ご苦労さまです。

 ばってんT村でした。

長崎弁講座その22017/08/12

 だいぶ間が開きましたが、前回11月に好評?だった長崎弁講座の2回目をお送りしたいと思います。
 長崎弁は九州西部地方(長崎、佐賀、熊本)の方言に属します。近隣の佐賀、熊本、あるいは福岡でもある程度通用しますのでしっかり勉強してください。

 まず、前回のおさらいです。大きな特徴として以下の7点を勉強しましたね。
1.主格を表す助詞に「の」を多く使う  かみさんが→かみさんの
2.終助詞に「ばい」「たい」を使う 
3.対象を示す助詞に「ば」を使う  宝くじを→宝くじば
4.理由を表す助詞に「けん」を使う 当たらなかったから→当たらんかったけん
5.逆説の接続詞に「ばってん」を使う
6.形容詞、形容動詞の語尾は「か」になる。 
 高い→高か、きれいな→きれいか
 さらに語尾がカ行の場合、促音化してしまう。 
 高か→たっか、低か→ひっか
7.動詞の「る」が促音化する  
 する→すっ なにをするのですか?→なんばすっとですか?
 来る→来っ いつ来る?→いつくっと?

では例文中に上記のおさらいも含めて続きを勉強しましょう。
8.指示代名詞
 「これ、それ、あれ」は「こい、そい、あい」になります。
 例:これをください→こいばくれんね?
恋、愛に引っ掛けて覚えておくとよいでしょう。
対象を示す助詞に「ば」を使うことは前回勉強しましたね。
 
「どれ」「だれ」も「どい」「だい」になります。
例:「あそこにおっとはだい?」「どい?あ~、あいはどいたい」
標準語に直すと
「あそこにいるのはだれ?」「どれ?あ~、あれは土居だよ」

「この、その、あの」は「こん、そん、あん」になります。
例:この寿司はおいしいですね→こん寿司はおいしかね

9.敬語
 「す、らす、よらす」を語尾につけます。
 行く→行かす、飲む→飲ます、という具合に。
例:「先生が来られた」→「先生のこらした」
  「ごはんをお食べになっている」→「ごはんば食べよらす」
  
10.可能表現
 「きる」や「るる、らるる」を語尾に付けます。
例:
能力的なこと「量が多いけど食べられる?」→「量の多かばってん食べきるや?」
状況的なこと「2日前の残りだけど食べられるかな?」→「…食べらるるやろか?」

11.文法的な決め事はこれくらいにして、次は独特な表現をいくつか紹介しましょう。

「せからしか」→うるさい、うっとおしい。「もう、この子はせからしかね~!」
「やぐらしか」もおなじような意味です。

「なんでんかんでん」→なんでもかんでも
「いっちょん」→ひとつも、全然。否定文に使う。「あんたなんか、いっちょん好かん」
「いっちょく」→放っておく。「あがん男、いっちょけ」→あんな男、かまうな
「うんにゃ」→いいえ。
「うん」と言っていますが、はいの意味ではないですよ。その後の「にゃ」で否定。

「おっちゃける」→落ちる。
「財布が落ちていた」は「財布のおっちゃけとった」
落とすは、「おっちゃかす」になります。
「財布を落としてしまった」は「財布ばおっちゃかしてしもた」

「ごっとい」→いつも
「よそわしか」→汚い。「みたんなか」→見苦しい、格好悪い
「そがんよそわしか服着とったらみたんなか」→そんな汚い服を着ていたら恰好悪いよ

 促音、拗音が多いのが特徴だと思います。
では最後に「おっとっとばとっとっと」、どのような意味でしょうか?

標準語に直しますと、
→“おっとっと”を取っているのです。
(“おっとっと”はM製菓のお菓子の名称)

「とっとっと」は取っている、保存している、という意味
とっている→とっておる→とっとる→とっとっと と変化。
これが福岡まで行くと、「とっとーと」となります。

以上です、いかがだったでしょうか?

他言語(方言)を学ぶにはその土地に行き、聞いて話すのが一番です。
長崎の街ばさるいてみんね?よかとこよ。
(長崎の街を散歩してみませんか?よいところですよ)
「さるく」→じゃらんじゃらん

ばってんT村でした。

てんしき2017/07/30

 久しぶりに落語を聞きに行きました。
 題目のひとつに「てんしき」というのがありまして、知ったかぶりをする人々のこっけい話なのですが紹介したいと思います。
 
 和尚がお腹の調子が悪くなり医者を呼びます。医者は「てんしきはあるか?」と聞きます。
 知らなければ聞けばよいのに、知ったかぶりの和尚は知らないとは言えず「ありません」と答える。

 医者が帰った後、どうしても意味を知りたくなり、小僧を読んで近所にてんしきを借りてくるよう命じます。和尚は「意味は教えてもよいがおまえのためにならない。自分で調べるように」と言って使いにやらせます。

 小僧はわからぬまま、金物屋などいろんな店を回ります。同じく知ったかぶりをする近所の店の人たちも意味がわからない、とも言えず「売り切れた」とか「食べてしまってもうない」などと言ってごまかします。

 てんしきが手に入らない小僧は、医者に聞けばよいのだ、と気づき医者宅を訪ねます。てんしきの意味を教えてもらった小僧はお寺に帰り和尚にいたずらを仕掛けます。

 「和尚様、てんしきとはさかずきのことでございます」と伝えると和尚は「そうだ、よくわかったな。呑む酒の器と書いて、てんしきと言うのだ」とでたらめを答えます。

 翌日、再び往診に来た医者に「その後てんしきはあったか?」と聞かれた和尚は「はい、ございました。ぜひお寺自慢のてんしきを見てください」と小僧にりっぱな桐箱につめたさかずきを持ってこさせます。
 医者はおかしなことを、と思いながら恐る恐る桐箱のふたを開けて…
というような話です。

 てんしきの意味ですか? 俗にいう「おなら」のことです。医者が患者の腸の具合を聞くのに有無を尋ねたわけです。

 「転失気」と書き、中国の漢の時代に編纂された医学事典の中に出てくる医学用語とのことなので語源は中国語なのでしょう。

 聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥、ということわざを連想させる落語です。

 古典落語を聞いていると、古語や古い表現などが出てきて興味深いものがあります。当然、落語は楽しむために聞くわけですが、ついつい言葉の方に関心が行ってしまいますね。
ばってんT村でした。

勉強する2017/06/04

 オリーブで今年度も関西弁講座が開かれます。
その中に含まれているかどうかわかりませんが、「勉強する」という表現。ただ最近はあまり聞かなくなったような気がします。

 もちろん文字どおり学問などの勉強の意味ではなく、「値引きする」という意味で使います。
 「これ、なんぼ?」「はい、29,800円です」「高いな、もっと勉強して~な」と言うように。

 勉強の語源が「勉めて強いる」で「精を出す、努力する」という意味があり、必ずしも学習する、修行するという解釈だけでなく、分野を問わず努力する意味で使われていたとのことです。
 つまり商売上、儲けが減ってもお客さんのために精一杯努力して売ります、という意味でも昔から使われていた、ということです。

 であれば共通語のはずですが、もっぱら関西弁として扱われているのは、他の地方に比べ値切りの文化が定着しているからでしょうか。関東ではまずこの値引きする意味の「勉強する」は通じないらしいです。

 私は関西生まれではないですが、住んで長いので値切る習慣?が身についてしまっています。実生活で値引きを要求する場面はそうそうないのですが、値段が張る家電品を購入するときはやりまっせ。

 他店と比較して「あそこ以上に勉強してくれたらここで買うよ」、もちろん実際に調べてからで、嘘を言ってはいけません。この店のお得意さんであることもアピールします。まず応じてくれますね。
 また、複数買ってオマケをつけてもらう。大阪のおばちゃんレベルですがダメ元でもいいんです。

 2年ほど前、パソコン、プリンタ、マウスなどを同時に購入した時に「インクカートリッジ一式オマケにつけてよ」って言ったら、さすがにそれは勘弁してください、と言われましたが、一緒に買うならという条件でそのインクを値引きしてくれました。
 加えて「オマケでプリンタケーブル付けときますね」とケーブルをくれたのですが、今やプリンタも無線でつながる時代、これは無駄になりました。

 思うに関西の人はこの値切るという行為でコミュニケーションを楽しんでいるのだと思います。
 だから買う側も何が何でも絶対値切ったるぞと意気込むのではなく、とりあえず言うだけ言ってみるか、という軽い気持ちでいいと思います。

 そう言えば、「これなんぼ?」と聞かれ100円のものを「はい、100万円ね」とか、「ここにお勘定置いとくで、500おく円」などは関西特有のお笑いを交えたコミュニケーションですよね。

ばってんT村でした。

落語はいかが?2017/03/12

 バラエティやお笑い系の番組は好きでよく見るのですが、お笑いの一つのジャンルである落語に限っては電波に乗って放送されることはまれではないでしょうか?
 勢い、見たい(聴きたい)と思ったら公演しているところに出かけることになります。

 落語が趣味と化した妻にたまに連れられて行くのですが、今や公演会場や劇場だけでなくお寺などでもやられているんですね。
 先月はなんと病院内でやられた落語を聞きに行きました。京都のある個人経営の病院内の広間を使ってワンコイン(500円)で2演目、時間にして約1時間の落語でした。落語家はアマチュアではなくベテランのプロです。

 漢字をネタにした面白い落語があったのでちょっと紹介したいと思います。「厄払い」という題目です。

 江戸時代、大晦日には厄払いを家に呼んで厄を払う習慣がありました。
 仕事も金もない与太郎を見かねた伯父が、元手もかからないこの厄払いという商売を薦めます。
呼ばれた家で決まった口上を述べるのが手順なのですが、憶えることができない与太郎は伯父に口上を紙に書いてもらい、それを持っていきぶっつけ本番で読み上げることにしました。

 その口上の中に「鶴は千年、亀は万年」というあの有名なことわざがあるのですが、与太郎は「鶴は十年、亀は一カ年」と読んでしまい、客からはそんな短命なことあるか、とツッコミを入れられる場面があります。
 毛筆でかすれた千のノが見えず十と読み、万を一とカに分けて読み間違えたのです。

 このような話では、だいたい主人公はちょっと頭が弱いという設定になっていて、常識的なことを知らなかったりします。

 実はこの場面、もうひとつ「亀は萬年」と「万」が旧字体になっているバージョンがあることを後で知りました。
 萬という漢字を読めない与太郎は、表ののれんに偶然同じ漢字が書かれているのを見つけ読みを聞きます。「よろず屋だよ」と聞き「亀はよろず年」と言ってしまうのです。

 萬は「よろず」とも読むということを聴く方も知っていないと笑えないのですが、おそらく「萬年」のバージョンは一昔前の筋書きではないかと想像します。
 
 落語家が臨場感たっぷりに演じる場面を想像しながら聴いて笑うのもよいものです。古い日本の文化、習慣を知るきっかけにもなります。
 近場だと、草津宿本陣で定期的に落語がやられています。興味を持たれた方は一度行ってみてはどうでしょうか?
 ばってんT村でした。

ポーランドとアニメ2017/02/26

 先週の新聞やテレビのニュースで初の外国人プロ将棋棋士が誕生したという話題が報道されていました。ご存知の方もいらっしゃるかと思います。
 カロリーナ・ステチェンスカさんというポーランド人の女性なのですが、将棋に興味を持ったきっかけが高校時代に見た日本のアニメ「NARUTO」の中での将棋を指すシーンだったということをインタビューで語っていました。
 最初に憶えた漢字は将棋の駒に書かれた漢字だったということですが、なるほどと思いました。

 人生を左右するほどの影響を与えるのですから、今や日本アニメの影響力は絶大です。
 今年の外国人による日本語スピーチ大会でも、「ドラえもん」や「ドラゴンボール」で日本文化をかいま見たり興味を持ったという出場者がいました。

 さて、ポーランドとアニメに関してですが、このニュースに接して私もひとつ思い出したことがあります。

 数年前に旅行でチェコのプラハからポーランドのクラクフというところまで一晩かけ寝台列車で移動した時のことです。
 コンパートメントで若いポーランド人男性と同室になりました。寝るまでの間、お互いの国のことでよもやま話をしたのですが、彼も例に漏れずアニメを通じて日本に興味を持ったタイプでした。
彼が愛読していたのは「キャプテン翼」。サッカーの本場ヨーロッパではこの「キャプテン翼」は絶大な人気があったそうです。

 彼は日本で発生した大地震や原発事故のこともよく知っていて「ポーランドには原発はなく、すべて火力発電なんだ」ということも聞いたことを思い出しました。

 以前、このブログで話題にしましたが、ポーランドのクラクフには日本も資金を提供して建設された「Manggha Museum」(マンガ博物館)という日本の美術品を展示している所があります。
 日本文化に身近に接することができるということも日本に興味を持つ人が多い理由かもしれません。日本語教育も盛んな国です。

 さてこの寝台列車には後日談がありまして、翌朝クラクフに到着し列車から降りてきた彼に一人の女性が連れ添ってきました。そしてニコニコした彼は「私の妻です」と紹介するではありませんか。

 夫婦で同じ列車に乗っていたのです。寝台車の予約の時、同室が取れなくて分かれてしまった、と言うことでした。

 「言ってくれたら奥さんと替わったのに」と言ったのですが二人は「問題ない、ない」と笑って答えるだけでした。たぶん、外国人である私に気を使ったのだと思います。
(男女分けて割り振られていたら実際変更は無理だったかもしれませんが)

 その後、ポーランドは初めてと言っていた私を予約していたホテルまで案内してくれ、そして別れ際には「もし何かあればここに電話して」とメモ用紙まで渡してくれました。

 このような経験を通して私のポーランドに対する印象がすこぶる良かったのは言うまでもありません。つくづく、その国の第一印象は玄関口で決まるものだなと思いました。
 ばってんT村でした。

笑える日本語2017/02/12

 また書籍の紹介ですが、これはほんとうに笑えます。イラストがまた秀逸なのです。
買ってしまいました。

 用言や慣用句をまじめに解説した上でギャグやオチがちりばめてあります。

 例えば「付かぬ事」
それまでの話題とは関係ない、と言う意味で「付かぬ事をうかがいますが」と恐縮している気持ちを込めながら物事をたずねるときに使う。
と言いつつも相手の年齢など本当に失礼な事をたずねる場合に用いる。
などという趣旨の説明がしてあります。

 お父さんの無くなりかけた頭髪を表現するのは「無きに等しい」と「無きにしも非ず」のどちらが適切か? これもきちんと解説してあります。

 実際を読んでもらった方がよいと思いますので、そのホームページを紹介しておきますね。書籍と違い、ここではどんどん用語が追加されていっています。

 こちらです→https://www.fleapedia.com/
あるいは「笑える国語辞典」と入力して検索してください。
 
 今回は上記のホームページで笑っていただくということでブログ記事に代えさせていただきます。
 ばってんT村でした。

重言2017/01/29

 同じ意味を重ねてしまうことを重言と言いますが、 「違和感を感じる」や「一番最初」「被害を被る」など私たちも知らぬ間にうっかり使っていそうです。

 あるテレビ番組でのインタビュー場面でしたが、実際に一般の人からも「自分の自家用車」「最終的な結論」というような重言が出てきていました。

 またつい最近気づいたのは、JRのホームにある列車時刻を示す電光掲示板での表示についてです。
 貨物列車やその駅に停車しない電車が通過する際に「通過列車が通過します」と思いっきり重言を使った表示がされていました。

 さすがにこれはないだろうと思いましたが、いやいや、注意を喚起するためわざとかも知れません。
「スマホ見ながら歩いている人、注意してや。接触でもしてけがしたら『後で後悔する』ことになるよ」ってところでしょうか。

 ただ、ら抜き言葉と同様、この重言今や世の中に普及してしまい、文化庁の世論調査では気にならない人が過半数とのことです(「過半数を超えている」と言ってももはや違和感なし?)
 間違ってダブっているというより協調したいための表現として認められてしまったのでしょうか。

 この重言に関わるおもしろい話題がネットにありましたのでちょっと紹介。
 「訃報のお知らせ」という重言ですが、「報」が知らせることを意味するので、「お知らせ」は不要ということはわかります。さらにおもしろいことに「訃」という漢字そのものに「人の死を知らせる」という意味があるそうです。
 つまり「訃報」がすでに重言だったというオチなのですが、さすがに「訃」だけでは?ですよね。
 語源は奥が深いです。
ばってんT村でした。
★コメント・トラックバックは内容確認後公開しております
★オリーブホームページはこちらからどうぞ!