★オリーブホームページはこちらからどうぞ!

英英通訳2018/06/03

5年ぶりに出張でインドへ行ってきました。

契約している現地商社のインド人にアテンドしてもらい顧客の工場へ行ったのですが、田舎にあるためホテルから毎日片道1時間ほどかけて車移動で通いました。

 経済発展著しいインドは昔に比べ、車やバイクが増え都市部では慢性的に渋滞が発生しています。

 

 


道中はトラックも多く、その多くがカラフルにペイントされていて車窓からながめていると退屈しませんでした。

 トラックのスピードは遅く他の車は追い抜きや追い越しをするとき、必ずと言っていいほどクラクションを鳴らします。

 それも日本だったらトラブルになりかねないような派手な鳴らし方なのです。

 

トラックの後ろをよく見ると、英語でHORN PLEASEとかBLOW HORNとかHORN OKなどクラクション鳴らしてくださいね、とペイントしてあるのです。

 

 

 おそらく、騒音が大きく運転席も高い位置にあるトラック側からすれば、鳴らしてくれた方が他車が近くに来たことが分かり逆に安全だからなのでしょう。

 ちょっとインドのおもしろい交通事情を垣間見た気がしました。

 

 インドでは初等・中等教育でヒンディ語、英語、州の指定言語(方言)の3言語を学ぶのが必須となっていて、さらに高等教育以上では英語が教育用語になっています。

 

 従って英語はほぼ日常語でして我々のような外国人との会話は英語になるのですが、これが聞き取りにくい。早口の上、独特の訛りのある英語なのでなおさらです。

 

客先との会話で聞き取れない場合には、同行した商社のインド人に「今、なんて言った?」と聞くのです。彼との会話も英語です、日本語を解するわけではありません。

 

すると、彼はわかりやすい英語に言い変えてゆっくり話してくれるのです。英語を英語に通訳するというなんとも奇妙な状況です。

たとえば複数桁の数字を一桁ずつ区切って言ってくれたり、長文を分割して、接続詞を入れてわかりやすく、とか。

 

インド人商社員もたびたび日本人を相手にしているのでコツがわかっていてこれは助かりました。

 

インドのことわざに

15マイルごとに方言が変わり、25マイルごとにカレーの味が変わる。100マイル行けば言葉が変わる」というのがあります。

インドでは言語は憲法で22言語が定められ、方言にいたっては2,000もあるそうです。

私の英語もジャパニーズイングリッシュですが、インドのヒンディ語なまり、方言なまりの英語もたいがい聞き取りにくいな~、と思いました。

 

 ちなみにやはり本場のカレーはおいしいです。焼きたてのナンをちぎってカレーを絡めて手で食べるとインドに来た、という感じがします。それにしてもインド人は器用に右手だけで食べますね。

 ライスを注文すれば、日本のカレーライスのようにご飯にカレーをかけてスプーンで食べることもできます。

 

 

それと定番のタンドリーチキン、どこで食べてもはずれがなく日本人の口に合います。緑色のものはミントソース。ミントとヨーグルトとスパイスをミキサーにかけてつくられたソースで、日本で言えば薬味みたいなものです。


 

今や、滋賀県でもインド人が作るインド料理屋さんが何軒もあり本場の味が味わえますので体験したい方はいかがでしょうか?

ばってんT村でした。


おカネは語る2018/04/22

先月、日本語教室で簡単な漢字として数字を教える際に、身近に見られる漢数字の例として日本の紙幣や硬貨を財布から出して教材にしました。

 

 その授業途中の雑談時、一人のベトナム人生徒が「先生、これはベトナムのおカネです。あげます」といって出してきたのがベトナムの10,000ドン紙幣(写真の上側)

 くれる、と言っても1万だよ、と言うと、「大丈夫です。日本円で50円です」

はぁ~、ゼロを二つ消してさらに2で割れば日本円換算になるんだ。

 


聞くとベトナムには500,000ドン紙幣まであるとのこと。そういえばゼロがたくさんあったな、と思い出しました。

翌週、私が10年ほど昔ベトナムに行った時持ち帰った10,000ドン紙幣(写真の下側)を見せると「それは使えません」と言われました。今や旧札になっていました。

 

 ちなみに、ベトナム紙幣の肖像画はすべてホーチミンなので、ゼロが多いことと合わせて非常に間違いやすいそうです。

 

さて使えなくなったお札と言えば、2016年ですがインド政府が高額紙幣500ルピーと1,000ルピー紙幣を突然使えなくしました。新札と交換させることで脱税などのブラックマネーを使えなくするのが目的だったのです。

 


私が以前出張で持ち帰った残りの5001,000ルピーも使えなくなってしまいました。

いつかまた行くこともあるだろう、と再両替せず複数持ち帰ったのに…

大衆食堂で定食が20~40ルピーで食べられるインドでは500ルピーは大金なのです。

 

 言語に関して言いますと、インドの公用語はヒンディー語以外にベンガル語やタミル語など多数あるため紙幣にも複数の言語が印刷されています。

 写真の50ルピーの拡大部分がそれですが、どれが何語かまでは私にはわかりません。インド人自身が言語が違うと通じない、と言っていましたので日本の方言以上に違いがあるのですね。

 


 さて話は変わってヨーロッパですが、2002年ごろから共通通貨としてユーロが使用開始されました。

当然それまでは各国が自国の通貨を発行していたのですが、フランスでは期間限定でこの写真のような50フラン紙幣が発行された時がありました。

こども銀行券じゃないですよ、ちゃんと使用されていた紙幣です。


世界中で知られている「星の王子様」のイラストです。作者のサン・テグジュペリの顔と共に描かれています。

 透かすと分かりますが表裏のイラストは位置が合致しているのです。遊び心で粋なことをやるのはさすがフランスです。

 

 これを見てふと思ったのですが、ご存知のように日本のアニメも世界中に知れ渡っています。

 この星の王子様のように枚数限定でアニメキャラクターを挿絵にした紙幣を発行したら、それこそ話題になってさらなる観光客増員が見込めるのではないか、と思ったりしました。

 まぁ、実現は無理でしょうね…  

ばってんT村でした。

 

どこから来たの?2018/04/08

先日、仕事帰りの京都駅で、切符を片手にした外国人に話しかけられて「ここへ行くにはどのプラットホームで乗るのですか」と聞かれました。

 私もホームの番号まではわからなかったので、駅員がいる窓口まで一緒に行って問い合わせたのです。その途中、どこから来たのか聞くと「フランスから」ということでした。

 

 また、オリーブでお花見に行った帰りの電車の中、女性二人連れの外国人旅行者と向かい合わせの席になりました。大きなスーツケースを持っていて一目見て京都観光に来た旅行者とわかったのですが、それにしては京都から滋賀方面に向かっているのです。

 

 どこから来たのか聞くと「スウェーデン」。どこへ行くのかも聞くと「モリヤマへ行きます」との返事。京都でホテルが取れなくて空いていたのが守山のホテルだったという理由でした。

そう、春の観光シーズンで京都のホテルは軒並み満室状態なのでしょう。

 


 このように外国人との会話のきっかけは私の場合、だいたい「どこから来たの?」で始まります。

この「どこから来たの?」で思い出したことがありまして、それはお笑いコンビ「ロザン」の菅ちゃん(宇治原さんでない方ね)の英会話についてです。

 

実はこの人、「菅ちゃん英語で道案内しよッ!」という英会話本も出しているのです。本人はけっして英語ペラペラではありません。単語を並べただけ、それも超省略しているのですが実際に通じた英語を載せています。

ただし、「笑顔4、ジェスチャー4、英語2」の比重だからこそ通じると言っています。

 


TV番組の実際のロケで大阪に来た外国人観光客に話しかけているのですが、どこから来たの?はたったの一言「From?」だけですよ…

「どのくらい、日本にいる予定ですか?」は「How long Japan?

 

観光客にこれらの質問をすれば相手も何を聞かれているか想像つくやろう、How long Japan?って聞かれて「日本列島の全長のことか、と思う人がおるかいな」という発想。

う~ん、確かに通じているのですが、相方の宇治原さんからも「通じてるけど、それは相手を疲れさす会話や」とつっこみ。

 

ある程度は文章らしい会話文にした方がよいに越したことはありませんが、やはりどれだけその国の単語を知っているかは大きいと思います。

先ほどの「How long Japan?」もJapanの代わりにせめてstayと言えば、日本列島の全長のこと?と考える人はいないでしょう。

 

どこの国の言葉でも最低限、単語をくっつければある程度理解してくれます。例えば日本語でも外国人が「どこ、クサツ、えき」の3つの単語を順番どうでもよくて並べれば何を聞いているかわかりますよね。

 

日本の中・高校の読み書き重視の英語教育は実用に役立たない、とよく言われますが、私はけっしてそうは思いません。

学生時代、英単語はかなり覚えさせられ長文読解もよくやらされました(なにせ「しけ単」世代ですから。今でも「試験に出る英単語」っていう本、健在なんですね)

 

後々、社会人になり英文でメールをやり取りしたり、海外出張の時などには役立っていることを実感しています。

 

英会話らしきものは社会人になってから仕事で必要になって始めたので初心者レベルの域を脱しませんが、まぁ翻訳者や通訳士になるわけではないのでいいんじゃないの、と勝手に思っています。

 

大事なのは「何を話すか」です。日本のことを話すなら、日本の歴史、文化を知っておく必要があるし、海外へ行くならその国のことを少しでも予習しておくと良いと思います。

ばってんT村でした。 

VoiceTra2018/03/25

ご存知のようにパソコン、スマホでは世界的にgoogle翻訳が普及し使われていますが、国産の便利な翻訳アプリもあるのです。

 

日本のNICT(情報通信研究機構)という研究所が作った翻訳アプリがiphoneでもアンドロイドスマホでも無料でダウンロードできます。

 


Googleのように手書きやカメラ画像からの翻訳まではできませんが、研究者は「翻訳精度はgoogleと互角、部分的には勝っている」と自負されています。

現在、31か国語対応で、音声認識で翻訳できるのはそのうち23言語です。

 

逆にGoogleにはない機能がひとつありまして、それは逆翻訳です。例えば日→英と翻訳した後、その英文を再度日本語に翻訳してくれます。

言った言葉が正しく伝わっているかが確認できるということなのです。これは便利だと思います。

 

受け持ちの生徒さん(中国語、ベトナム語)で試してみましたが、簡単な短文ですが正しく翻訳していました。


日本語音声→ベトナム語



ベトナム語音声→日本語


中国語音声→日本語


それと、ちょっと試しにタイ語→日本語を私がやってみました。「氷」という意味のタイ語を音声で入れたのですが、何度やっても正しく日本語に訳してくれないのです。


で、タイ人の生徒さんに同じことをやってもらったところ、一発でちゃんと「氷」と翻訳したのです。う~ん、やはりタイ語は発音が難しいのか、正しい発音でないと機械は聴きとってくれないようです。

 

現地では「氷は入れないでください」と言ったらちゃんと通じたのに…。

これは多分、外国人の下手な発音でもそういう状況(レストランで飲み物を注文した時)で言ったら、その意味だなと相手が判断してくれているということですね。

 

ここが機械翻訳と生身の人間がその場の状況を加味して解釈する、違いだと思いました。

まさか、現地の人が発音が違いますよ、とまでは指摘してくれませんので、やはり外国語はネイティブの先生について勉強するのが大事だな、と感じました。(あるいは指摘してくれる人を持つか)

 

VoiceTraの使い方は簡単です。国内で海外からの旅行者と簡単な会話をしたり、逆に海外で使ったりするような場面で便利だと感じました。無料なので一度試されてはいかがでしょうか。

ばってんT村でした。


変面2018/02/25

 中国の伝統芸能には、大きく北京の京劇と四川省の川劇(せんげき)の2つがあると言われています。 
 京劇は有名ですが、川劇というのは私もあまり聞いたことがありませんでした。
 この川劇の見世物の1つに「変面」と呼ばれる妙技があります。これは仮面をかぶった演技者が音楽に合わせて踊りながら瞬時に仮面をいくつも変えていくという芸です。

 明の時代にはあったと言われていますから、4500年前にはすでに演じられていたようです。
 もう10年以上前の映画ですが、變瞼(日本タイトルでへんめん)という中国映画でこの変面を見ていつか実際に見てみたいとずっと思っていました。

 それがはからずも先週、日本で観ることができたのです。春節(旧正月)の期間、中国と縁の深い長崎ではランタンフェスティバルと言って春節を祝うさまざまなイベントが行われます。

 
  その中に孔子廟で変面の寸劇をやることがパンフレットに載っていたので、社員旅行のタイミングとも合い観に行きました。
                                            

実際に観るとそれはみごとの一言で、ほんとうに一瞬でお面が変わるのです。

複数の仮面をかぶり、それを1枚ずつ剥いでいくやり方は予想できるのですが、両手を使わずそれも脱いだ仮面をどこにしまっているかもわかりません。67面は変えたと思います。

       こんな感じです。↓

 

 この仕掛けは門外不出と言われている部分です。次々に仮面を変えていき最後は素顔を見せてくれましたが、演技者はなんと地元長崎の高校生だったのです。

 一緒に観ていた人も「中国で観たけどレベルは同じ。音楽まで同じだよ」と。日本にはまだ20数名しか演者はいないと中国人の方が説明していました。

このように最近は外国人にも演技を教えているようです。門外不出のはずでは……

誓約書でも書かせられるのでしょうかね。

 

 1月のオリーブの交流パーティでは、インドネシアの生徒さんが「ドゥイムカ」という体の表裏で男女違いの仮面をかぶった踊りをやってくれました。日本にも能のようにお面を使った古典芸能があります。

 世界中にこのようにお面を使った演劇はけっこうあるのではないかと思います。

 

 今や、ネットの動画でも見ることはできますが、やはり演劇は実際に目の前で観るとインパクトもあり楽しいものです。

ばってんT村でした。

 

微波加熱2017/11/19

 2年ぶりに出張で中国に行きました。
中国の航空会社便で往復しましたが、関空から上海行きの乗客はほとんど中国人観光客でした。荷物棚はお土産でぎっしり、早々にカバンを上に収納するのはあきらめました。

 中国語はほとんど話せませんが、中国に行くとどんな漢字が単語や表現に使われているか見つけたりするのはけっこうおもしろいのです。

 中国大陸では簡体字が使われていますが、元の漢字を推測するのも楽しいものです。
 例えば、业。最初何の略かまったくわからなかったのですが、工业と単語になっているのを見て、業の簡体字だとわかりました。
 これは略しすぎだろう、と一人ツッコミを入れました。

 当然、外来語もすべて中国語になっているのですが、発音を似せる場合と意味を合わせる場合の2通りがあります。

 前者で典型的な例は可口可楽(コカコーラ)でしょうか。実際は、楽は「乐」と簡体字になります。これも単独では楽の簡体字とはわからないです。

 意味を合わせた例では、中心(センター)、便利店(コンビニエンスストア)、街中でよく見かけます。
 ホテル内でみるのは「电梯」、これはエレベーターの中国語です。「电」は電の簡体字ですね。自助餐はセルフサービスのバイキング。

 では電子レンジでチンは? 帰り、上海の空港での待ち時間中にスターバックスでコーヒーを飲んだのですが、その紙カップの注意書きの中に見つけました。「微波加熱」です。
 電子レンジは英語でmicrowaveと言いますが、そのまま漢字を当てているのですね。

 これらの単語や簡体字を見るにつけ、中国語を勉強すればもっとわかることが増えるんだろうなと思いました。
ばってんT村でした。

Saudade2017/11/05

 世界の言語の中には翻訳しにくい単語というものがあります。日本語では「わび、さび」などが相当するでしょうか?
 イギリスのToday Translationという翻訳会社のホームページにそのベスト10が載っていました。
 
 1位はツィルバ(Tshiluba)語というアフリカ、コンゴで使われている少数言語でイルンガ(ilunga)という単語です。
 1度目は許す、2度目は我慢する、でも3度目の過ちは絶対許さない人という意味とのことです。
 日本語に訳せば「仏の顔も三度まで」ということになります。

 2位はshlimazl という単語。イディッシュ語(Yiddish)というドイツ語が元になっているヘブライ語です。3位はradioustukaczというポーランド語。
いずれもあまり我々にはなじみのない言語です。

 そのなかで7位になんか聞き覚えのある単語だなと感じたものがありました。saudade(サウダーデあるいはサウダージ)というポルトガル語です。
 実際、歌や映画のタイトルに使われたりしています。

 語感だけの聞き覚えで意味を知らなかったので調べてみると、日本語だと郷愁、切なさというような意味で英語だと「nostalgia」に相当しますが、実際は一言では表現できない感情らしいです。

 ネットから引用すると、「今はないものに対し、甘苦くて懐かしく感じているけれど憂鬱な気持ち」とのこと。
 昔の恋愛や友情、子供時代の思い出などがあげられるでしょうか。Saudade、なんかいい単語だな~と思いました。

 話変わって、なんと日本語が4位にはいっているのです。
それはnaa「なあ」です。解説には「強調する時や他者との同意の時に関西地方だけで使われている単語」と書かれていました。
 これも確かに翻訳はできないかもしれません。使う場面によって意味が違ってきますからね。

 やはり、単語は単独で憶えるのではなく、それを実際に使ってみることが大事なのでしょう。
 ばってんT村でした。

北斎展覧会2017/09/24

 前売り券を買ってしまいました。
 10/6から大阪のあべのハルカス美術館で葛飾北斎の作品展覧会があります。

 大英博物館国際共同プロジェクトと銘打ってあります。
 北斎の晩年30年に焦点を当て、大英博物館所蔵作品を含め世界中から約200点の作品が集結するそうです。

 世界的に有名な作品の一つは、大きな波の背景に富士山を描いた「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」ですね。代表作としてよく目にします。
これも展示されます。

 版画は、北斎のような絵師が絵を描き、彫師がその絵に沿って版木を彫り、摺師が色付けして印刷する、という手順で制作されます。
 
 最初の200枚ほどを初摺りといって、絵師が立ち会って指示し出来栄えを確認するのです。当然ながら版木も新しいため線や色も鮮明です。

 初摺りが売れたとなると、それ以降を後摺りといって量産に入るのですが、そこからは絵師が立ち会うことはなく、摺師の判断で色付けなどがされます。

 手間を省くため、ぼかしを省略したりもするのです。つまりオリジナルとは色調が少しずつ違ってくるのです。

 また当然、摺っていくうちに版木は摩耗していくので輪郭などのシャープさも失われます。

 NHKで特集番組をやっていましたが、見どころの一つは大英博物館が所有しているこの初摺りが展示されるということです。

 もっとも本物をみたことがほとんどないので、初摺りと後摺りの差がどのようなものかわからないですが…

 それと版画と違い一点しかない肉筆画も複数展示されるそうです。
 日本を代表する世界的にも名の知れた画家、北斎の絵に興味ある方は行かれてはいかがでしょうか? 
 ばってんT村でした。

ミュシャ展2017/08/27

 あ~、どっかで見たことあるけど、という既知感のある絵ではないでしょうか?
 現在、滋賀県守山市の佐川美術館でアルフォンス・ミュシャ展というのが開催されています。

 色とりどりの植物に囲まれ、装飾品で着飾った女性を多く描いています。柔らかな曲線で淡い色彩を使用し、絵というよりも少女漫画に近い感じです。
 ミュシャは名前だけだと性別が不明ですが、髭までたくわえたれっきとした男性です。

ミュシャは1860年生まれ~1939年没ですから100年ほど前に活躍した画家ということになります。チェコ出身ですが、飛び込みで依頼されたフランスの舞台女優のポスターをたまたま制作、それがパリで大好評を得て一躍有名な画家となります。
 それまでは本の挿絵などで生計を立てていました。

 彼は油絵のような1点ものの絵画だけでなく、多くのイラストを描いていました。絵はポスター、商品パッケージ、カレンダー、ポストカードなどに使用され多くの人々の目に留まったわけです。画家というよりグラフィックデザイナーに近いのかもしれません。

 実は彼の絵と日本は縁が深く、有力なコレクターの一人は日本人だったのです。「カメラのドイ」の創業者がドイコレクションとして多数収集し、ミュシャの子息とも親交があったそうです。現在は大阪の堺市に寄贈されています。

 灯台下暗しで佐川美術館、けっこうおもしろい展示をやるんです。秋には葛飾北斎、喜多川歌麿などの浮世絵も見られますよ。
ばってんT村でした。

勉強する(海外編)2017/06/18

 前回、「勉強する」を取り上げました。そういえば昔、「勉強しまっせ、引っ越しの○○○」というコマーシャルがあったことを知る方もいらっしゃると思います。

 さて勉強させることは海外でも威力を発揮します。つまり値切りが習慣化している関西人は海外では得をする?ということになります。

 昔、こんな経験をしました。
 出張中インドのニューデリーで日曜日一日空きができたので、この機会にタージマハールを見に行こうと思い立ちました。タクシーを一日貸し切れば時間や足の心配をする必要がありません。
 タクシー会社の職員と前日にホテルで話をしましたが、料金があまりに高かったので値切り交渉をしたのです。
立ち寄る場所や時間など含めて2度、3度とやり合ううちに徐々に料金が下がってきました。

 ここでもうひと押しと料金(日本円換算で4,000円程度だったと思う)をこちらが言うと「サー、わかりました。でもその料金だとクーラーが付かない車になりますが、それでよければ」と答えが返ってきました。
 ナニ~、猛暑の昼間インドでクーラーなしの車など乗れるわけがない、値切るにも限度があるな、とこの時思いました。

 これも同じインドでしたが、おみやげにカシミアのストールを買っていこうと思い、ある専門店に入りました。
 実は、カシミアの中でも「パシュミナ」と呼ばれるカシミア山羊のあご下の部分だけの毛で編まれたものが特に軽く薄く柔らかで暖かいということを聞きかじっていました。

 まぁ、多少高いんだろうけどちょっと見てみるか、と思いざっと店内を見回したところそのような表示をしたものは見当たりません。

 そこで店員に「パシュミナがあれば見せてくれない?」と言うと、急に態度が丁寧になり「お客様、こちらへどうぞ」とズンズンと奥の方へ連れていかれ別室に案内されたのです。ソファに座らせられ何事か、と思っているとしばらくして紅茶が出てくるではありませんか。

 「ムムッ、これはまずい」、インドやイスラム圏などでこのお茶が出てくるというのは、さぁ今から商談しましょう、という合図。相手のペースにはまるパターンではないですか。
 
 しばらくすると別の店員が仰々しく木箱にいれたパシュミナをいくつか持ってきました。値札を見て頭の中で円換算すると、なんとどれも7~10万円前後するではありませんか。

 渋い顔で悩んでいると「お気に召しませんか?」とさらに追加でパシュミナを持ってくるのです。
 ディスカウントできるか、と聞くと「パシュミナは高級品で値引きできません」ときっぱりと断られました。

 パシュミナを手に製品の素晴らしさを延々と説明してくれるのですが、そんなことはどうでもよくて私の頭の中はここをどう切り抜けるか、ということで一杯でした。

 色がどうのデザインがどうのとかの理由で断っても、相手も手を変え品を変え説得にかかるのは見えています。
 観念してついに「こんなに高いとは思わなかった。申しわけない、買えません」と正直に告白しました。

 すると今度は、ならば少しなら値引きに応じるからどうかと電卓を持ってきたのですが、もう買う意思がないことをきっぱりと言うとついにあきらめてくれました。
 店員の顔からがっかりした表情を見て取った私は、いづらくなり早々にその店を退散したのです。

 これらの体験から値切るのもなかなか駆け引きが難しいな、と思ったしだいです。
ばってんT村でした。
★コメント・トラックバックは内容確認後公開しております
★オリーブホームページはこちらからどうぞ!