★オリーブホームページはこちらからどうぞ!

マーフィーの法則2016/05/22

 自分が並んだ行列は進まない。満員電車の中、自分が立っている前の席だけが空かない。
 ヤマは外れ、勉強しなかったところに限ってテストに出題される。
ある年齢以上の方なら昔聞いたことがあると思います、マーフィーの法則。

 20年ほど前に流行した、主に失敗の事例から生まれたユーモラスな経験則です。発祥はアメリカですがこれは今見てもおもしろく、あるある、と思ってしまいます。

 この法則を固い言い方で表すと「失敗する可能性があるものはいつか失敗する」「起こる可能性があるものはいつか起きる」ということです。 
 「落としたトーストがバターを塗った面を下にして着地する確率はカーペットの値段に比例する」というのはマーフィーの法則をおもしろおかしく引き合いに出す好例のようです。

 ただ、自分の身に降りかかると「よりによって」とか「いつもこうだ」と被害者意識が大きくなるのではないでしょうか?
 私自身、仕事でたびたび経験したのは「お客様に見せるときに限って十分動作確認したはずの機械が動かない」
「本番に弱い」なんて社内で言われフォローするのは冷や汗ものでした。

 皆さんも実生活で似たようなマーフィーの法則にはまった経験はありませんか?
 最も身近なところでは、切符の券売機やスーパーのレジで待ち行列が短いところを選んだつもりなのになかなか進まない。
 レジの人が商品の価格がわからず、持ち場を離れてどこかへ聞きに行ったりするともう最悪。ただ最近は商品にはほとんどバーコードが付いていますのでこれも昔の話でしょうか。

 このように複数窓口がある場合の解決方法はいたって簡単で、待ち行列をフォーク形状にすることです。行列は一つにして、空いた窓口へ順番に行かせる、というもの。
 さばく人数が非常に多い空港のチェックインカウンターやイミグレーション、手荷物検査などはそうなっていますよね。
 これでイライライ度はぐっと減ります。

 テストを受けている時にはこんなこともありませんでしたか?
テスト用紙に回答を書き終わった直後に回答欄の間違いに気付く。特にマークシート方式でやりがち、後回しで問題をひとつ飛ばしたのはいいがマーク欄を飛ばすのを忘れてしまう。
 時間が迫っていたりするとこれまた冷や汗もの。

 とにかく、十分注意することとこんなこともあるさ、と思うことが一番の対処方法ではないでしょうか。

 少し話がずれますが、日本人はスケジュール表を背中に背負って生活しているみたい、それに合わせようと必死になっている、と日本に来た外国人に言われたことがあります。

 日本人の利点でもあるのですが、文化・習慣が違う外国人と接する際はある程度は鷹揚に構えること、想定できることはあらかじめ考えておくことではないかと思います。以前ブログで話したKY(空気を読む、危険予知)ですね。
 …って言うような、こんなことを考えること自体が典型的な日本人思考なのかな。

 前述のトースト落下の実例ですが、実験した科学者がいてイグノーベル賞をもらっています。もちろん、カーペットの値段に比例するはずはなく、テーブルの高さや落とし方などに依存するということです。

 ばってんT村でした。

こんなところで日本語が2016/05/08

 私が外国人と初めて日本語を介して会話したのは、もう30年も前、韓国にたびたび仕事で出張に行き始めた頃だと思います。

 当時の韓国はソウルオリンピック(直接知らない人もいるかな・・・1988年)前後の高度成長期の時期でした。日本に追いつけ、追い越せと各企業が日本をお手本や目標に競争をしていた時代です。
 従い、日本語学習熱も高く出張先の複数の韓国企業でも朝の始業前に社員向けの日本語の授業をやっていたくらいです。

 昼休みになると、やる気のある社員が日本人出張者のところにやってきて、これはチャンスとばかりに我々を練習台に話しかけてきます。
 「私の名前は~です」「あなたの名前は何ですか?」から始まるのですが、やはり自分らが勉強した日本語が通じるかを試してみたいのです。通じると嬉しそうな顔をしていたのが印象的でした。

 また仕事が終わってからも飲み会に誘われたり自宅に食事に呼ばれたりしたこともありましたね。

 現在、日本語学習者の8割は中国、インドネシア、韓国、ベトナム、タイなどのアジア圏の人で、欧米やその他の国々は少数派ですが、数年前このような経験をしました。

 それは帰国前のローマ空港内の免税店でした。お土産に革手袋を買おうと思い専門店に入ったのですが、店員のイタリア人女性から「いらっしゃいませ」と日本語で話しかけられたのです。
 
 思わぬところで日本語を聞き、えっと思いましたが、まぁ最初の挨拶だけだろうと考えていたら、その後「どなたへのお土産ですか?」とか「どのサイズをお探しですか?」と流ちょうに日本語で話してくるのです。
 顧客が何を求めているか察して話しかけるこの応対も日本式ではないですか。

 観光地のぼったくりお土産屋でもないかぎり、海外で店員側から話しかけてくることなどまずありません。
それで多いに驚いたわけです。

 たまたま客は私一人だったので「どこで日本語を勉強したのですか?」などこちらからも質問したところ、日本に興味があり以前日本にしばらく滞在して日本語を勉強していた、とのことでした。

 また、これは1か月ほど前のことです。JR京都駅近くの交差点で信号待ちをしていると「すみません、近くに郵便局はありませんか?」と3人連れの中の一人の女性が聞いてきました。

 話しかけてくる言語が英語でなく日本語なのです。どこからと聞くとベトナムからの観光客でした。
 郵便局は歩いてすぐのところなので直接案内したのですが、歩きながら話を聞いていてもその女性の日本語は日常の意思疎通に問題ない中級レベルでした。かなり勉強しているにちがいありません。

 今や日本語を勉強する動機は仕事上よりも日本語そのものやアニメなどの日本文化への興味が上位に来ていることからも、こんなところで日本語が聞けることになるほどと思いました。

 蛇足ですが、道を聞かれた立場として気づいたことがあります。その場所がわかっていてもそこまでのルートを要所要所の目印を交えて右だ左だと伝えるのはよほど通いなれた場所でない限り大変難しいということ。

 で、近距離だったら一緒に行った方が簡単かと思い案内するわけです。時間は取られますが、でもそれが「なんて親切なんだ」と思われるという予想外の効果があるものです。

 道々、会話もできてコミュニケーションにもなります。スマホにOK…とかHey…などと話しかけてスマホに道案内してもらうのを封印するのもたまにはよいかもしれません。 
ばってんT村でした。

Manggha館2016/04/26

 前回のポーランドの免許証トピックスに続けて同国の話題を紹介したいと思います。

 ポーランドのKrakow(クラクフ)という都市にマンガ(Manggha)館と呼ばれる日本美術・技術博物館があります。

 ここは日本美術に魅せられたポーランド人のお金持ちが収集した数千点もの浮世絵、掛け軸、刀剣、陶器などを展示してある美術館です(展示はその一部)
 マンガという命名はそのスポンサーであるポーランド人が好きだった北斎漫画から取っているそうです。

 驚くべきは展示品はレプリカやコピーなどではなくすべて本物ということ。日本国内ではまず見られないような浮世絵や版画、日本刀や甲冑などがガラス越しですが目の前で見られます。
 私、歴史や芸術に詳しいわけではないですがやはり本物は素晴らしい、と感じました。コピーやバーチャルにはない重厚さや経年感が醸し出されているんです。

 日本との関わりも深く、この美術館の設計は日本人で、日本からの資金援助で建設されました。従い、館内の案内も日本語表記があります。
さらに日本語を勉強する人のための学校もあるのです。

 ご存知のようにポーランドの首都はワルシャワですが、Krakow(クラクフ)という都市は日本で言えば京都に相当するところでしょうか。
 事実、17世紀にワルシャワに遷都されるまではポーランド王国の首都だったところです。落ち着いた雰囲気の町並みが残る中欧の古都というところでしょうか。

 「シンドラーのリスト」という映画(第二次大戦中、ポーランド系ユダヤ人の収容所送りを阻止するため自分が経営する工場で働かせてかくまうことで命を救ったという実話)がありました。ゆかりの地で言うとその経営者シンドラーの工場があったのがクラクフです。

 またクラクフから車で少し走れば、その捕虜収容所であるアウシュビッツがあるこことでも歴史に刻まれているところです。
 古い町並みがそのまま残っているのも、ポーランドを侵攻したドイツ軍が占領後このクラクフに駐留したため爆撃されることがなかったということのようです。

 理由は違いますが、第二次大戦中爆撃をうけなかった京都とこの点でもちょっと似ているかもしれません。

 少し話がそれましたが、日本語学校もあるくらいですからポーランドでも日本語の学習熱は高いのでしょうね。
ばってんT村でした。

プラヴォ・ヤズディ2016/04/12

 イグノーベル賞というのをご存知でしょうか?
本家スウェーデンのノーベル賞を知らない人はいないと思いますが、その頭に否定を意味するigを付加したものがイグノーベル賞なのです。
 ジョーク好きなアメリカ人が企画運営していて、人々を笑わせる風変わりな研究や社会的事件に毎年授与されるものです。
 ノーベル賞のように科学賞や物理学賞などいくつもの部門に分かれています。

 日本人も数多く受賞していまして、2014年の物理学賞は「人間が床に置かれたバナナの皮を踏んでしまった際の、バナナの皮と靴の間の摩擦、およびバナナの皮と床の間の摩擦の大きさを計測したことに対して」というもの。
 受賞者も大学教授や研究者など専門家であり、実験や検証はいたって科学的に行なわれたまじめな結果なのです。

 文学賞という部門もあります。過去の受賞に言語に関わる次のようなものがありました。
 内容は「アイルランド国内で頻繁に交通違反を繰り返したプラヴォ・ヤズディに対して50回以上違反切符を書き続けたことに対して」

これだけでは何のこと?かわかりませんよね。以下ネットからの引用の要約です。

 実は「Prawo Jazdy」とはポーランド語で「運転免許証」の意味。すなわちプラヴォ・ヤズディとは、交通違反を犯した運転手のポーランド人から提示された、ポーランドで発行された運転免許証の冒頭に書かれているPRAWO JAZDYを、取り締まりにあたった警察官が運転手の名前と誤認していた事例が50件近く繰り返されていたというものです。
 警察の内部メモには「プラヴォ・ヤズディという人物を創り上げてしまったことはきわめて恥ずべきことだ」と書かれている。

 「怪人物プラヴォ・ヤズディ」の一連の経緯はアイルランドの新聞が上述の内部メモを入手したことで報じられ、「警察がたった2つのポーランド語の単語を知ってさえいれば、プラヴォ・ヤズディという悪名高いポーランド人ドライバーが出現することはなかった」と揶揄するものもあった。

 いかがです、笑えるでしょう?

しかし実は私自身、昔似たような経験があり「こんなこと、あるかもしれないな」と笑いながらも思いました。

 以前、ブログで話したかもしれませんが・・・
 若かりし頃初めてイタリアへ出張した初日、仕事先の人から「帰りは僕の車でホテルまで送っていくよ。ホテルの名前は何?」と言われ「ありがとうございます。泊まっているのはアルベルゴです」と答えました。

 宿泊したのは家族でやっているような小さなホテルで表に「ALBERGO」と書かれた看板が出ていたのでそれを憶えていたのです。
それを聞いた先方の人は大笑いで「ALBERGOってイタリア語でホテルの意味だよ」と言われ、そこで初めて勘違いしていたことに気付いたわけです。
 その時は、なぜホテル名まで書かれていないんだ、って思いました。

 イタリア語といえばボンジョルノとグラツィエくらいしか知らなかったのですが、この「ALBERGO」って単語、印象に残ってその次に覚えたイタリア語かもしれません。

 はい、皆さんも「Prawo Jazdy」ってポーランド語を憶えましたね。
ばってんT村でした。

桜のなかりせば2016/04/03

 4/3、オリーブでお花見をしました。曇天で少し肌寒かったですがなんと30名以上の先生、生徒さんとそのお知り合いの方々が来てくれました。昨年は10名ほどでしたので今年チラシを作ってPRした効果があったと思います。
 旧草津川沿いの桜の木が整備工事のため何本も伐採されていたのは残念でしたが、それでもたくさんの桜が咲き誇っていました。

 桜といえば、在原業平の「世の中にたえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし」という有名な歌を思い出しました。
 この世に桜というものがなかったなら、春をのどかな気持ちで過ごせるだろうに、という逆説的な意味で桜の魅力を歌っています。昔の人も桜の季節になると心が騒いだということでしょう(この歌には別のもっと深い意味もあるようですが…)

 桜の魅力でいえば、近年は花見目的で来日する外国人観光客が増えてきているとのことです。ニュースでもこの4/3の東京、上野公園の花見客の60%は外国人観光客だったと言っていました。
買い物ツアー以外にお花見ツアーも諸外国で企画されているのでしょうね。

 それともう一つ気づいたのは、京都では着物を着た外国人観光客をかなりの頻度で見かけることです。レンタルとは言え日本人でも普段着物は着ませんので、今や京都は着物を着て歩いているのは外国人の方が多いという逆転現象が起きているように感じました。
桜と共に着物の美しさも急速に海外に伝わっているようです。

 そうそう、最後に今年のお花見で感じた反省点です。人数に対してシートが足りませんでした(持ってきていただいた方、ありがとうございました)
恒例行事にするなら、オリーブで大きなシートを買っちゃいますか?
ばってんT村でした。

世界三大2016/03/22

 少し前のブログで世界三大夜景のことをちょっとだけ書きました。
 ただ、ユネスコが認める界遺産などとは違い個人や団体が自由に選んでいるので、世界三大夜景も各国で選ばれる場所に違いがあります。
 日本人が選べば、やはり日本からひとつは出すでしょう。それが函館であったり長崎であったりします。イタリア人が選べばナポリの夜景が入るのでしょう。

 さて、この他にも世界には三大ナニナニがいくつもあります。
 世界三大料理が一番知られているのではないでしょうか?フランス料理、中華料理、トルコ料理と言われています。
フランス、中華はわかるのですがトルコ料理がなぜ?と思う人は多いでしょう。そんなに世界中に普及しているとは言えませんし、失礼ながら思い浮かぶ有名な料理もありません。
 三国に共通するのはその昔、帝国時代に広大な領土を有していた時代があったことで、その理由が大きいようです。
 
 おもしろいのは世界三大がっかり名所というものです。たぶん、これは旅行者にアンケートでも取ったか口コミで伝聞されるようになったのだと思います。
 シンガポールのマーライオン、コペンハーゲンの人魚姫、ブリュッセルの小便小僧とのことです。私はマーライオンしか実際見たことはないのですが確かになぁ・・・・、と思いました。

 想像と実物の落差がその原因です。マーライオンも見上げるくらい大きいと勝手に想像していたのですが、現物はえらく小さいのです(と言っても数メートルはありますが)
 
 人魚姫も小便小僧も同様で、見た人の印象は「思ったより小さい」とのことです。さらに人魚姫は、我々が想像している「下半身は魚」の先入観も裏切って二本の足があり足首から下がひれになっているのです。
人は勝手に想像を膨らす傾向がありますし、先入観もあってのギャップだと思います。

 先入観でいえば、ヨーグルトの本場はブルガリアという思い込みが皆さんにもあると思いますが、実は発祥はトルコでして消費量もブルガリアよりも多いのです。
 先ほどトルコ料理は思い浮かばないなんて言いましたが、身近なところにトルコ発祥がありましたね。オスマントルコ帝国時代に中央アジアからヨーロッパに伝わったと言われています。

 このヨーグルト、トルコではレストランや食堂にもカップ入りが置いてあっていかついヒゲ面のおじさんが食後のデザートにヨーグルトを食べていたりします。
 Ayran(アイラン)と呼び、甘くなくしょっぱい塩味のヨーグルトでした。これもデザートは甘いものという先入観をみごとに覆す味覚でした。

 世界三大料理には入っていませんが、ユネスコの世界文化遺産に登録された和食はそれらに匹敵する料理ではないでしょうか? 我々日本人はもっと誇っていいと思いますよ。
 ばってんT村でした。

ゆかりの地2016/03/12

 以前、旅行中飛行機の席で偶然隣り合わせになったベルギー人と話をする機会がありました。会話ネタにとベルギーが舞台のあの有名な「フランダースの犬」を話題に出したのです。
 しかし、簡単にあらすじを話しても「そんな物語は知らない」と言うではありませんか。

 てっきり日本で言えば桃太郎か浦島太郎並みの超有名な物語のはずと思い込んでいたので以外に感じました。

 後からネットで調べてみると「フランダースの犬」はイギリス人が原作者の児童文学だったので、ベルギーではそれほど有名ではなく評価もあまり高くなかったとのことです。
 そういうことかと、合点がいきました。

 ある時期から日本からの問い合わせが多くなってきてその人気に気付き、銅像や記念碑をあとから建てたということも書いてありました。

 他にも、日本人が一役買って有名にしたと思われる物語ゆかりの地があります。
 スイスを舞台にした「アルプスの少女ハイジ」、カナダのプリンス・エドワード島を舞台にした「赤毛のアン」などです。

 「アルプスの少女ハイジ」、これは本家スイス人が原作の児童文学作品です。
 ご存知のように日本ではアニメ化されて一躍知られることとなりました。このアニメはスイスを事前にロケして制作されたのでモデルとなった建物や風景が実在しています。衣装も忠実に再現されているそうです。(物語が事実という意味ではありません)

 こだわりを追求する日本人ならではだな、と上記を紹介するテレビ番組を見ていて感心しました。
 最近ではハイジ、日本で家庭教師のコマーシャルにも出演しているようですが・・・

 やはりアニメの影響力は絶大だと思います。
日本発のアニメが世界中で読まれるようになり、日本を訪れる観光客の動機のひとつに、そのゆかりの地を訪れることが挙げられるようになりました。

 滋賀県を例にとれば、競技かるたを題材にした「ちはやふる」という少女マンガがあるのですが、近江神宮が「かるたの聖地」になっています。
 これは近江神宮に祀られている天智天皇が百人一首の第一首目の歌を作り歌かるたの始祖とされているからです。

 ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、近江神宮は百人一首のクイーン戦、名人戦が開催される場所で、野球で言えば甲子園、武道で言えば武道館に当るでしょうか。

 この「ちはやふる」を見て競技かるたが好きになり、百首を1週間で記憶したフランス人が近江神宮を訪れる様子やクイーンに練習をつけてもらうシーン、来日中地方で開催されたかるた競技大会に出場した様子などがテレビで紹介されていました。

 元々このフランス女性は日本語を勉強していたのでしょうが、それにしても百歌を日本語で1週間で記憶するというのは超人的ではないでしょうか。

 このように日本文化を通じて日本語ひいては日本を好きになる外国人が増えるのは嬉しいかぎりですね。
ばってんT村でした。

2016日本語スピーチ大会2016/03/01

 2/28、外国人による日本語スピーチ大会が開催されました。
 オリーブからも2名とベトナムからGさんが発表されました。皆さん、残念ながら入賞はできませんでしたが、私は入賞者とは実力的には差はなかったと思います。

 事実、審査にも時間がかかっていましたし、審査員の方が講評でも「皆さんに苦情を申し上げたい」という皮肉を交え選考に悩まされた、皆さんに賞をあげたかったと言われていました。

 上位入賞された2名は、日本人と結婚された日本在住の方で苦労したことやそれを克服した経過などさすがに経験が豊富な内容でした。確かに聞いた人に与える印象度は高かったと思います。

 また今年のスピーチを聞いていて感じたのは、自国と日本を比較した点を主題やエピソードにした内容が多いことでした。

 日本料理は味がものたりない、というのは中国やタイ、フィリピンの皆さんがお話ししていらっしゃいました。
 日本料理は味より見た目にこだわっている、という少し誤解されている内容もありましたが、やはり他国の文化を理解してもらうというのはいかに難しいことかと感じました。

 回転スシ店でアルバイトをしていたフィリピンの女性は、ネタの魚の切り身を裏返しに乗せたところ注意され、日本人はそんな細かいところにまでこだわるのか、フィリピンだったら問題ない、とスピーチされ会場の笑いを誘っていました。

 また、最近の情勢を反映して、介護師の試験に合格した話題や中国人の爆買い(オリーブのRさん)などのスピーチも興味深かったです。
 オリーブのBさんの「漢字を感じる」も勉強中の漢字にまつわるエピソードがおもしろく、ひいき目でなくよかったと思っていたのですが入賞を逃して残念でした。韻を踏んだタイトルは彼が自分で考えたんですよ。

 来年もまたオリーブの生徒さんからぜひスピーチ大会へチャレンジしてもらいたいですね。
ばってんT村でした。

チップ2016/02/18

 日本にチップ制度はありませんが、これが海外だと悩ましいものがあります。

 ご存知のように欧米では必須です。
昔、アメリカに駐在していた私の知人は、レストランでチップを忘れて外へ出た直後に「忘れものがある」といって店員が追いかけてきたそうです。覚えがないので何を忘れたのか聞くと、「はい、チップをお忘れです」ときたそうです。

 上記は極端な例かも知れませんが、チップも店員の収入源になっているので重要なことなのでしょう。最近は合理的になってきてチップを個人でもらうのではなく、お店で集め全員でシェアするようになっているところもあるようです。

 ホテルのルームメイクに対してはチップを枕元に置いておくということが言われてきました。でも、これはどうも日本だけらしく、海外旅行がブームになり始めたその昔、そうしましょうと流布されたらしいです。

 私の過去の経験からも、出張で泊まるような市街地の一般のホテルでは枕元に置いても取られず、テーブルに移動してあることが多いのです。チップなのか単に放置しているだけなのか区別がつかないのでトラブルにならないよう取っていないのだと思います。

 現地の人はチップを置かない、というのが多数派らしく、床を汚してしまって清掃に手間をかけて申しわけない、というような特別な事をやってもらう時くらいにしか置かないとのことです。
元々、このルームメイクも宿泊費に含まれているという認識ですね。

 しかし部屋に荷物を運んでもらったりするとチップは必須です。忘れているとドアのところにニコニコ笑顔でなにげなく立っていたり「anything else?」と他に用事はないかとさりげなく聞いてきたりします(心中、チップ忘れないでね~)
 それで「アッ、そうそうチップ忘れてた」と気付くこともあります。

 日本ではチップ不要と書きましたが、旅館などに泊まった時には「心づけ」として部屋の担当の仲居さんに渡したりしますよね。
 海外と少し違って、これからお世話になります、という意味で先に渡す場合が多いと思います。

 サービスを受けた後に渡す海外、これからよろしくと事前に渡す日本、共通しているのは金銭の授受だけでなく感謝の気持ちを表すことではないでしょうか。
ばってんT村でした。

多文化共生シンポジウム2016/02/07

2/7、「あなたのとなりに外国人! つながろう、やさしい日本語で!!」
というタイトルで多文化共生シンポジウムが草津市国際交流協会主催で開かれました。

 地域で生活している外国人とどう接するか、どのような支援ができるのかについて基調講演やパネルディスカッションが行われたのですが、非常に興味深かったです。

 硬い話に入る前に、まず落語で聞いている人たちを引き付けたのはいい演出と思いました。それもさりげなく外国人、外国語を話題にした題目を演じられこれには笑わされました。落語家の名も桂三語なんてうってつけの名前じゃありませんか。

 草津市には現在、1,800人ほどの外国人が居住しるそうです。講演やディスカッションで私が印象に残ったひとつに、この外国人を意識している人が少ないのではないかという意見があったこと。

 この意見を聞きながら、ふと6~7年前の体験を思い出しました。
 私の妻の体験なのですが、ある朝マンションのゴミ集積場所にゴミを出しに行った時、その曜日に捨てられないゴミを捨てに来た女性をたまたま見かけたのです。
 それを注意したところ、相手はこちらの言っていることが理解できないようで片言の日本語が返ってきたそうです。

 そこで初めてこの人外国人なんだとわかり、妻はていねいに曜日ごとに捨てるゴミを説明したそうです。この時、自分が住んでいるマンションにこのような外国人も住んでいるんだ、と初めて認識しました。
 まさに、「あなたのとなりに外国人」だったのです。

 昨年、オリーブでもゴミの分別について説明会をやりましたが、これこそ本当に生活に密着した支援ではないでしょうか。

 パネルディスカッションには我がオリーブの代表も出られオリーブの宣伝も抜かりなくやっていただきました。外国人を支援したいと思われた方はぜひオリーブへ気軽に来てください。

 そうそう、最後に弁解しておきます。いつも朝のゴミ捨ては出勤前に私がやっているんですよ、上の体験談に書いたゴミ捨て日はたまたま、妻がやったということですので。
 ばってんT村でした。
★コメント・トラックバックは内容確認後公開しております
★オリーブホームページはこちらからどうぞ!